Raspberry Pi用高精度リアルタイムクロックモジュール基板【RV8803-RASPI】

Raspberry Pi用高精度リアルタイムクロックモジュール基板【RV8803-RASPI】

数量
1個以上
¥1,980.00(税抜)
自社在庫数
38

在庫数以上のご注文も短納期でお納め出来ます。こちらよりお問い合わせください

納期:
本日出荷在庫品

ご注文数量によっては上記の通り出荷できない場合がございます

商品説明

高精度温度補償リアルタイムクロックモジュール評価基板
RV8803-Raspiは、マイクロクリスタル社製の高精度リアルタイムクロックモジュールRV-8803-C7をRaspberry PiやArduinoなどで、はんだ付け不要でテストや評価ができるようにしたブレークアウト基板です。基板上には、RV-8803-C7、インターフェース用のプルアップ抵抗、バックアップ電池、電源切り替え用のダイオードなどを実装しています。
各ピンソケットのピン配置はRaspberry Piのピン配置に合わせてあり、Raspberry Piではそのままソケットに差し込んで接続できます。
RV-8803-C7にはLinuxドライバが用意されており、Webサイトからダウンロードして利用できます。

【端子接続と回路について】

Raspberry Pi への接続Raspberry PiのPin1,3,5,7,9へ角ピンソケットを差し込んで接続(ラズパイ側 は、#1=3.3Vdd、#3=SDA、#5=SCL、#7=GPIO #9=GNDの各端子。#7は、RV8803-Raspi基板ではNC)
SDA、SCL、INT端子についてSDA、SCL、INT端子は基板上で10kΩでプルアップ。
CLK出力について(E/D端子の扱い)デフォルトではCLK出力はオフになっています(消費電流を抑えるため)。
出力する場合は E/Dピンと Vddピン をジャンパ接続してください。
ジャンパピン接続時は、Vdd-GND間が10kΩ抵抗で接続されるので、Vdd=+3.3Vの場合には0.33mAの電流が流れます。
Vdd =+3.3Vでの使用と+5.0V での使用についてRaspberry Pi 3Bで+3.3Vddで使用する場合は、そのまま角ピンソケットで接続して使用できます。
回路図の右端の #1(3V3)とVddピン間の抵抗(0Ω)を取り外してVddピンに+5Vを印加すれば、+5Vで使用できます。
1556264 0000000201116443 #WT-415 RV8803-RASPI

在庫店舗※10/24 06時時点の在庫情報です。
マルツ全店でオンライン注文&店頭受取りサービスをご利用いただけます。

※掲載されている価格には消費税、各種手数料が含まれておりません。別途消費税およびお支払方法に応じた手数料が必要になります。

※このホームページに掲載されている、記事・写真の一部または全部をそのまま、または改変して利用・転載・転用することを禁じます。

※商品によって販売価格が店頭価格と異なる場合がございます。

※弊社ではお客様が商品を選びやすくするためにデータシートの提供や技術情報、商品画像の表示を行っています。
しかしさまざまな事情により、これらの情報がすべて正確であることを弊社が保証することはできません。
商品の正確な仕様等は各メーカーの最新のデータシートで確認して頂きますようお願いいたします。
また、商品画像につきましても、当アイテムとは異なるイメージ画像を表示している場合がございます。
ご注文の際はくれぐれもご注意願います。また、注文間違いの返品交換は応じかねますのであらかじめご了承下さい。

DigiReelの説明