発振器【LTC1799IS5#TRPBF】

数量
1個以上
¥440(税抜)
50個以上
¥418(税抜)
100個以上
¥388(税抜)
自社在庫数
18

在庫数以上のご注文も短納期でお納め出来ます。こちらよりお問い合わせください

納期:
明日出荷在庫品

ご注文数量によっては上記の通り出荷できない場合がございます

商品説明

2019/3/5 9:00現在提携先在庫数:163個
抵抗で1kHz~33MHzの周波数を設定可能なSOT-23発振器

【特長】
  • One External Resistor Sets the Frequency
  • Fast Start-Up Time: <1ms
  • 1kHz to 33MHz Frequency Range
  • Frequency Error ?1.5% 5kHz to 20MHz (TA?= 25℃)
  • Frequency Error ?2% 5kHz to 20MHz (TA?= 0℃ to 70℃)
  • ±40ppm/℃ Temperature Stability
  • 0.05%/V Supply Stability
  • 50% ±1% Duty Cycle 1kHz to 2MHz
  • 50% ±5% Duty Cycle 2MHz to 20MHz
  • 1mA Typical Supply Current
  • 100? CMOS Output Driver
  • Operates from a Single 2.7V to 5.5V Supply
  • Low Profile (1mm) SOT-23 (ThinSOT? Package)
  • 使いやすく、わずかなPCボード・スペースに収まる高精度発振器です。発振周波数は1本の外付け抵抗(RSET)でプログラムされます。 LTC1799は高精度動作(周波数誤差が1.5%以下)向けに設計され、外付けの調整部品が不要です。

    2.7V~5.5Vの単一電源で動作し、レール・トゥ・レール、デューティ・サイクル50%の方形波を出力します。CMOS出力ドライバにより、高速の立上り/立下りとレール・トゥ・レール・スイッチングが保証されます。周波数設定抵抗は3k~1Mの範囲で変更可能で、それに応じてマスタ発振周波数を100kHz~33MHz(5V電源時)の範囲で選択できます。 スリーステートDIV入力により、出力をドライブする前にマスタ・クロックの分周比(1、10、または100)を決定し、1kHz~33MHz(5V電源時)の範囲で3つの周波数範囲を提供します。

    RSETと周波数の関係を直線化する独自の帰還ループを装備し、周波数計算表は不要です。発振器は、以下に示す単純な式を用いて簡単にプログラムできます。

    【アプリケーション】
    • Low Cost Precision Oscillator
    • Charge Pump Driver
    • Switching Power Supply Clock Reference
    • Clocking Switched Capacitor Filters
    • Fixed Crystal Oscillator Replacement
    • Ceramic Oscillator Replacement
    • Small Footprint Replacement for Econ Oscillators
242067 0000000200330412 #*SS-A71 LTC1799IS5#TRPBF 回路図

店舗に在庫はございません。

マルツ全店でオンライン注文&店頭受取りサービスをご利用いただけます。

※掲載されている価格には消費税、各種手数料が含まれておりません。別途消費税およびお支払方法に応じた手数料が必要になります。

※このホームページに掲載されている、記事・写真の一部または全部をそのまま、または改変して利用・転載・転用することを禁じます。

※商品によって販売価格が店頭価格と異なる場合がございます。

※弊社ではお客様が商品を選びやすくするためにデータシートの提供や技術情報、商品画像の表示を行っています。
しかしさまざまな事情により、これらの情報がすべて正確であることを弊社が保証することはできません。
商品の正確な仕様等は各メーカーの最新のデータシートで確認して頂きますようお願いいたします。
また、商品画像につきましても、当アイテムとは異なるイメージ画像を表示している場合がございます。
ご注文の際はくれぐれもご注意願います。また、注文間違いの返品交換は応じかねますのであらかじめご了承下さい。