マルツTOP > APPLICATION LAB TOPページ > 機構部品>   ACHLシリーズ ワイヤ~基板間コネクタ


ACHLシリーズ ワイヤ~基板間コネクタ

JSTのACHLシリーズは、高密度LEDアプリケーション向けの2つの圧着式サブミニチュアワイヤ~基板間コネクタ


 JSTのACHLシリーズ ワイヤ~基板間の圧着式着脱可能なコネクタは、高密度アプリケーション用にサブミニチュアサイズで、設計柔軟性と信頼性のあるコンタクト構造を提供します。これらの1.2mm(0.047インチ)ピッチのSMTコネクタには極性があり、嵌合時に確実なフリクションロッキング機能を有しています。

 このシリーズはユニークに構築されており、垂直方向からヘッダと嵌合されるソケットハーフを特長とするとともに、水平方向でワイヤがソケットコネクタから出ているため、プリント基板のどこにでもヘッダを配置することができます。

 高密度LEDアプリケーション向けに優れたコネクタであるACHLシリーズは、わずか1.2mm(0.047インチ)の嵌合高さで最大のPCB柔軟性を実現するように設計されています。



このページのコンテンツはDigi-Key社より提供されています。




Digi-Key社の全製品は 1個からマルツオンラインで購入できます



※製品カテゴリー総一覧はこちら



ODM、OEM、EMSで定期購入や量産をご検討のお客様へ【価格交渉OK】

毎月一定額をご購入予定のお客様や量産部品としてご検討されているお客様には、マルツ特別価格にてDigi-Key社製品を供給いたします。
条件に応じて、マルツオンライン表示価格よりもお安い価格をご提示できる場合がございます。
是非一度、マルツエレックにお見積もりをご用命ください。


ページトップへ