マルツTOP > APPLICATION LAB TOPページ > 機構部品>   Open19 Impelコネクタシステム


Open19 Impelコネクタシステム

MolexのImpelバックプレーンコネクタシステムは、将来のデータレート拡張のためにスケーラブルな価格とパフォーマンスパスを提供


 Molexは、Open19をサポートし、業界をリードする信号の完全性と密度を提供すると同時に、将来のデータレート拡張のためのスケーラブルな価格とパフォーマンスパスを提供します。バックプレーンコネクタとケーブルアセンブリのImpelとImpel Plusシステムにより、今日のデータレートとコストでの機器の運用のオプションをOEMに提供します。

 Open19 Foundationは、オープンソースデータセンター向けのテクノロジを開発しました。このプロジェクトの目的は、共通のフォームファクタに基づいてサーバのオープン標準を確立することです。Open19の目標は、ラックあたりのコストの低減、サーバあたりのコストの低減、電力使用率の最適化、そして誰もが貢献および参加できるオープン標準を提供することです。

 Impelバックプレーン相互接続システムは、アーキテクチャを完全に再設計したり、データセンター内の既存のハードウェアを交換したりすることなく、56Gbps NRZおよび56Gbps PAM-4への移行パスを持ち25Gbps NRZを達成する速度を実現できるフットプリントとインターフェースを提供し、同時に業界が推進している機械密度の要件を満たしています。

 Impel Plusバックプレーンコネクタシステムは、最大56Gbpsのデータレートを達成しつつ、インピーダンス不連続を最小限に抑え、クロストークを低減する接地テールアライナにより、最適な信号の完全性を提供します。さらに、革新的な信号インターフェースにより、インラインビームの挿入損失が改善され、周波数が30GHzを超えます。



このページのコンテンツはDigi-Key社より提供されています。


Digi-Key社の全製品は 1個からマルツオンラインで購入できます



※製品カテゴリー総一覧はこちら



ODM、OEM、EMSで定期購入や量産をご検討のお客様へ【価格交渉OK】

毎月一定額をご購入予定のお客様や量産部品としてご検討されているお客様には、マルツ特別価格にてDigi-Key社製品を供給いたします。
条件に応じて、マルツオンライン表示価格よりもお安い価格をご提示できる場合がございます。
是非一度、マルツエレックにお見積もりをご用命ください。


ページトップへ