[WEBライブ・セミナ]Gbps超 高速シリアル基板の設計技術&評価技術【Part1&Par2:完全版】~ギガビット信号伝送の理解からハイ・スピード基板設計のコツ,実測評価技術まで~(1日コース)

講師:川口 正(SIGL)
企画:ZEPエンジニアリング
開催日時:10月20日(水) 10:00~17:00

---------------------------------------------

■学ぶこと
 最近の電子部品は小型化や高周波化が進み,ブレッドボードや蛇の目基板での試作が限界に近づいています.幸いにも,無料~安価なCADソフトウェアが多く発表され,またプリント基板は一昔前に比べて驚くほど安価に製造できるメーカも登場しました.
 本セミナでは,フリーの基板データ開発ソフトウェアKiCadを使いながらプリント基板の基礎知識から設計テクニックまでわかりやすく解説します.また設計した基板を発注する方法や,完成した基板への部品実装などオリジナル・プリント基板を作る上で必要な情報を提供します.

●内容(午前)
(1)プリント基板の基礎知識
・伝送線路の電磁界特性とインピーダンス

(2)基板パターンを進む高速ディジタル信号のシミュレーション
・伝送線路で信号が反射するようす,対策方法

(3)高速信号伝送技術の解説
・ギガビット伝送を実現する技術ポイント

(4)ギガビット基板設計のポイント
・エラー率が低いギガビット伝送を実現するパターン設計の要点を解説

●内容(午後)
(1)各種ギガビット伝送規格の解説

(2)ギガビット波形の観測技術

(3)ジッタ評価(エラー・レート10-12 のアイダイアグラム実測)

(4)高速基板のインピーダンス実測評価(TDR測定)


■受講対象
・数ギガビットの高速伝送ディジタル伝送回路をこれから設計する方
・より確実な動作が得られるギガビット基板設計技術を知りたい方
・ギガビット伝送規格の要点と評価技術を知りたい方

■あると望ましい予備知識
・電気・電子回路の基礎知識

■講演の目標
・ギガビット信号伝送技術の要点がわかる
・より確実な動作が得られるギガビット回路基板設計の要点が理解できる
・ギガビット信号の評価技術のポイントがわかる

■用意いただきたいもの
・RF回路シミュレータQucsStudio
※セットアップ手順はセミナ開催日を1週間前までに送付させていただきます.

■講師紹介
●略歴
メーカで高速デジタル高周波の混在回路開発設計に20年以上従事.高速回路設計,EMC対策回路設計のコンサルタント

●主な著書
トランジスタ技術,インターフェース誌,トランジスタ技術スぺシャルなどの技術記事執筆など



お申し込みは以下フォームからお願い致します。

受講するコース

会社名/学校名

部署名

役職

氏名

メールアドレス

郵便番号

住所(ボードやキット付きセミナの場合は送付先を入力してください)

電話番号

支払い方法

どちらでセミナの情報を知りましたか

興味のある技術カテゴリ(複数選択可)

今後のセミナ開催情報通知

最少催行人数に満たない場合、開催を中止させていただく場合がございます

セミナによっては参加人数を制限させていただく場合がございます

ご入力いただきましたお客様の情報は,次の目的のためにマルツエレック株式会社,ZEPエンジニアリング株式会社,講師で利用させていただきます.
ZEPエンジニアリングはセミナ,キット,書籍を企画・制作する会社です.
・セミナ開催不可など,緊急時のご連絡
・ご質問・ご意見のフォロー
・キャンペーンや新サービスのご案内
上記以外のケースでは,ご本人様の同意なく第三者に個人情報を提供することはございません.本セミナの開催に関する目的以外には,使用いたしません.

ページトップへ