[エレクトロニクス実験ライブ・セミナ] 30分1本勝負!間違いだらけの電子回路測定【受講無料!先着100名】

講師:渡辺 潔(ワタナベ計測コンサルティング)
企画:ZEPエンジニアリング
開催日時:3月5日(金) 12:30~13:00
     3月6日(土) 12:30~13:00

---------------------------------------------

■学ぶこと
 今では電子回路シミュレータなどを使って回路を設計したり,検証したりするのが一般的になりました.しかし,実際に測定器で電子回路を測定すると,予測したとおりの波形が観測できないことがあります.測定誤差の原因は,誤ったプローブの使い方,外来ノイズ,配線の寄生インダクタンスや寄生容量など,さまざまです.
 本セミナでは,オシロスコープ,信号発生器,ロジックI/O,スペクトラム・アナライザ,ネットワーク・アナライザなどが一体化されたUSB測定器「Analog Discovery 2」を用いて陥りやすい間違いと対策をやさしく解説します.
写真1 本セミナで使用する万能USB測定器「Analog Discovery 2」 図1 Analog Discoveryの入力部の等価回路

●第1回 実演!立ち上がり時間の正しい測り方(3月5日開催)
 ローパス・フィルタとして使われるRC回路のステップ応答測定を例に,誤差の原因と対策を解説します.
(1)万能USB測定器「Analog Discovery 2」の内部構成と基本的な使い方
(2)測定器自体の誤差
(3)測定環境による誤差の誘発
(4)誤差の対策

●第2回 実演!グラウンドの正しい取り方(3月6日開催)
 直列共振回路を例に,測定系のグラウンドの正しい接続方法を解説します.
(1)万能USB測定器「AnalogDiscovery 2」の内部構成と基本的な使い方
(2)直列共振回路の不適切な接続
(3)共振周波数における回路電流の測定
(4)直列共振回路の周波数特性の測定

■受講対象
・測定の基本原理を学びたい方
・実機の実験経験が浅い方
・測定技術を磨きたい方

■あると望ましい予備知識
・電気・電子回路の基礎

■講演の目標
・電子部品(インダクタ,キャパシタ,抵抗)の本当の姿が見えてくる
・過渡応答特性と周波数特性の測定の基本が理解できる
・測定における誤差発生の見極めや必要な測定環境が理解できる

■講師紹介
●略歴
東京農工大学工学部電子工学科卒業後,電子計測器メーカに入社.電子計測のコンサルティング営業,アプリケーション・エンジニアなどを経験後,計測コンサルタントとして計測器の使いこなしのセミナなどを500回以上実施

●主な著書
ディジタル・オシロスコープ実践活用法,CQ出版社.


お申し込みは以下フォームからお願い致します。

受講するコース

会社名/学校名

部署名

役職

氏名

メールアドレス

郵便番号

住所(ボードやキット付きセミナの場合は送付先を入力してください)

電話番号

どちらでセミナの情報を知りましたか

興味のある技術カテゴリ(複数選択可)

今後のセミナ開催情報通知

最少催行人数に満たない場合、開催を中止させていただく場合がございます

セミナによっては参加人数を制限させていただく場合がございます

ご入力いただきましたお客様の情報は,次の目的のためにマルツエレック株式会社,ZEPエンジニアリング株式会社,講師で利用させていただきます.
ZEPエンジニアリングはセミナ,キット,書籍を企画・制作する会社です.
・セミナ開催不可など,緊急時のご連絡
・ご質問・ご意見のフォロー
・キャンペーンや新サービスのご案内
上記以外のケースでは,ご本人様の同意なく第三者に個人情報を提供することはございません.本セミナの開催に関する目的以外には,使用いたしません.

ページトップへ