AI やIoT、ロボティクス、さらに省エネルギーで高効率な回路やデバイスの基礎研究ならび開発に邁進されている全国の高専生・大学生・大学院生の皆様へ。マルツエレックとDigiKey社がエレクトロニクス分野における学習や研究、開発に必要とされる電子部品を【無償提供】いたします。

◆結果発表(2024年4月開催)

最優秀賞
10万円相当のマルツポイントを進呈
①木更津工業高等専門学校 林 様 
 アプリケーション名:視線入力をすべての人に!
 ~オープンソース虹彩検出ソフトウェア及びハードウェア設計~
コメント(講評):「視線入力をすべての人に!」は、重度障碍者や研究用に視線入力技術を普及させることを目指す素晴らしい提案です。特に印象的だったのは、独自の虹彩検出アルゴリズムを用いて高速かつ精度の高い顔検出を実現し、それをマイコンに実装しやすくした点です。このアプローチにより、コストを抑えたシステム構築が可能となり、多くの人々に手軽に利用できる視線入力環境を提供できることが期待されます。

提案されたシステムは、Haar-like特徴量による顔検出とHoG特徴量による顔特徴点検出を組み合わせ、Pythonで実装されています。この選択は、深層学習を用いないことで処理速度の向上と内部構造の可読性を高め、システムの普及を促進する重要な要素となっています。また、具体的な利用シーンに応じたGUIの設計やパッケージ化を目指している点も評価できます。さらに、音声入力の導入を検討している点は、多様な入力方法を提供することでユーザーの利便性を高めるための前向きな取り組みです。

全体として、この提案は技術的に高度でありながら、実用性と普及のしやすさを兼ね備えている点が非常に優れていると感じました。視線入力をより多くの人々に届けるための努力と情熱が伝わり、今後の発展が非常に楽しみです。
優秀賞
5万円相当のマルツポイントを進呈
②日本大学 曽根 様 
 アプリケーション名:HEPTA-Sat LITE を活⽤したリアルタイム気象モニタリングシステム
コメント(講評):「HEPTA-Sat LITE を活用したリアルタイム気象モニタリングシステム」は、超小型衛星を利用して気象データを収集・解析するというもので、そのコンセプトはユニークでありながら実現可能性が高いです。

まず、HEPTA-Sat LITEという教育用超小型衛星をベースにしたシステムは、専門知識がない人でも気象データの収集・解析を楽しみながら学べる点が魅力です。温度、湿度、気圧、雨量、風速、空気中の塵やPM2.5など、幅広い気象パラメータを計測できるため、気象現象の多面的な理解を深めることが期待されます。

また、Wi-Fi通信を利用してリアルタイムでデータをクラウドに送信し、閲覧・解析を行う仕組みは、データサイエンスやIoT技術の学習にも繋がる点が優れています。特に、家庭での設置を想定した「おうちでリアルタイム気象モニタリング」機能は、教育的な価値が高く、広く普及させることで多くの人々が気象データの重要性を理解し、気象学に興味を持つきっかけとなるでしょう。

さらに、このシステムを用いたワークショップの開催は、実践的な学習体験を提供するだけでなく、宇宙工学や気象観測の複雑さを楽しく学ぶ貴重な機会を創出します。参加者の好奇心や探究心を刺激し、将来の科学技術分野における人材育成にも寄与することが期待されます。
奨励賞
3万円相当のマルツポイントを進呈
③東京農工大学工学部 太田 様 
 アプリケーション名:五指ロボットアーム「KAINA」と その遠隔操作及び力覚フィードバック可能なデータグローブの作成
コメント(講評):「KAINA」は、オンラインでの遠隔操作が可能な五指ロボットアームと力覚フィードバック機能を備えたデータグローブの開発を目指す、非常に先進的で実用性の高いプロジェクトです。

提案されたシステムは、曲げセンサーを用いて関節角度を測定し、その値に基づいてロボットアームを制御するバイラテラル制御技術を活用しています。この技術により、ロボットハンドが物を掴んだ感覚を遠隔地の操作員に再現することが可能となり、まるで自分の手を使っているかのような操作感を実現します。このアプローチは、出先での細かい作業や被災地での人が立ち入れない場所での作業など、多様な場面での応用が期待されます。

特に注目すべきは、システムの通信にWi-Fiを利用し、遠隔地からでもリアルタイムで操作が行える点です。さらに、アクチュエーターに電流センサーやエンコーダー、モータードライバーを内蔵することで、配線をシンプルに保ちながらも精度の高い制御が可能となっています。

このプロジェクトは、オンライン作業の限界を突破し、より多くの人々に遠隔作業の可能性を提供するための重要なステップとなるでしょう。提案されたシステムの完成と実用化が非常に楽しみであり、さらなる技術の発展を期待しています。
敢闘賞
5,000円相当のマルツポイントを進呈
④秋田県立大学 長谷山 様 
 アプリケーション名:消耗品の在庫管理システム
コメント(講評):「家の倉庫や冷蔵庫管理システム」は、日常生活の効率化と利便性向上を目指した素晴らしい提案です。このシステムは、ラズベリーパイを中心に、カメラやサーモカメラ、計量はかりを組み合わせて、家の冷蔵庫や倉庫の内部を遠隔でモニタリングすることを可能にします。

特に興味深いのは、外出先から冷蔵庫の中身を確認できる機能です。これにより、買い物中に必要なものを忘れることなく、効率的に買い物ができるようになります。また、サーモカメラを導入することで、冷蔵庫内の温度状況を把握でき、冷蔵庫のドアの閉め忘れや故障などの異常を早期に発見することができます。さらに、計量はかりを利用して、飲料や洗剤などの減り具合を記録し、在庫の管理や補充を自動化することも視野に入れています。

ソフトウェアの強化により、週や月ごとの在庫の消費パターンを分析し、異常な消費速度を検知することが可能になります。カメラによる画像認識技術を活用すれば、倉庫内の物品を自動的に検知し、状態を記録することができます。例えば、「ビール500mlが冷蔵庫に入れられた。10℃になるまであとx分かかる」といった具体的なアドバイスを提供することも可能です。

この提案は、技術的な先進性と実用性を兼ね備えており、日常生活の質を向上させるポテンシャルを持っています。システムの実現に向けたさらなる発展が非常に楽しみです。

この度はたくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。

【第3回】学生アイディア・コンテスト
ご応募受付中です



◆これまでのイベント

過去の学生アイディア・コンテストの概要を掲載しております。

開催年月イベント名 
2024年4月 【第2回】学生アイディア・コンテスト 詳細はこちら
2023年10月 【第1回】学生アイディア・コンテスト 詳細はこちら

 

ページトップへ