無線関係書籍

検索結果 82件中150件目
並び替え:
  • 1冊
    ¥2,200(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】 本書は、VHF(超短波)の黎明期にJA1AN原昌三氏(現在;日本アマチュア無線連盟会長)が月刊CQ ham radioのVHF記事担当エディタとなってスタートした連載コラムが起源となる「About VHF」の集大成と、それを総括して書き下ろしをプラスしたものです。 本コラムの連載回数は、2004年8月号で616回を数え記録的、かつ戦後の無線史を知るうえで貴重な資料です。連載は2004年8月現在も継続しています。1953年1-2月号から始まり半世紀以上の無線の歴史が本書にあります。
  • 1冊
    ¥2,200(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    たくさんのアマチュア無線局の位置や移動軌跡がきれいに表示されているパソコンの画面を見たことはありませんか?APRSでは刻々と位置が変化する移動局の位置や軌跡をきれいな地図上に表示したり、トランシーバのディスプレイで他局との位置関係がわかるなど楽しい機能が盛りだくさん。それを支えているのは、インターネットも利用して世界中に展開するAPRSネットワークです。本書では、多機能で奥深いAPRSを徹底解説。APRSで何ができるのか?からAPRSネットワークのインフラを担うI-GATEの構築に役立つ情報など、初心者から中級者まで知識の幅を広げ、実践できる内容が盛りだくさんです。さらに、APRS対応トランシーバを初めて購入した方でもトランシーバの設定をスムーズに行えるよう設定ガイドも掲載。APRS対応トランシーバとの同時購入もお勧めです。目次第1章 概要編~APRSを知る~1-1 APRSとは?1-2 APRSで飛び交う情報1-3 APRSの魅力と現状1-4 APRSネットワークのしくみ~全体像と情報の流れ~第2章 実践編~やってみようAPRS~2-1 APRSを楽しむためのシステム構成~何を用意すればよいのか~2-2 APRS対応モービル・トランシーバでモービル運用の楽しさをひろげよう2-3 トランシーバ別APRS用設定の虎の巻~共通事項~2-4 トランシーバ別APRS機能設定ガイド JVC KENWOOD TM-D710/S2-5 トランシーバ別APRS機能設定ガイド JVC KENWOOD TH-D722-6 トランシーバ別APRS機能設定ガイド 八重洲無線 FTM-350A/AH2-7 トランシーバ別APRS機能設定ガイド 八重洲無線 VX-8D/VX-8G第3章 パソコンも活用して本格的に楽しむAPRS3-1 APRSモニタ・分析Webサイト3-2 APRSクライアント・ソフトウェア3-3 UI-View32で運用の幅を広げる3-4 運用上の基本ルールとノウハウ第4章 APRSネットワークのインフラを担う4-1 インフラ構築のためのルールと知識4-2 UI-View32を使ったI-GATE/デジピータの構築第5章 資料編運用周波数と通信速度(ボーレート/APRS MODEM)デジピート・パスとビーコン・インターバルSSn-N一覧表ステータス・テキスト(STATUS TEXT)の設定シンボル(自局アイコン/STATION ICON)の選択例APRS SSID 推奨設定(適用)一覧ポジション・コメント(POSITION COMMENT)の設定ポジョン・コメント「EMERGENCY」についてAPRSに関する情報掲載Webサイト(一例)JVC KENWOOD TM-D710/S APRS設定ガイドJVC KENWOOD TH-D72 APRS設定ガイド八重洲無線 FTM-350A/AH APRS設定ガイド八重洲無線 VX-8D APRS設定ガイド八重洲無線 VX-8G APRS設定ガイド
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    ※D-STARは一般社団法人 日本アマチュア無線連盟の登録商標です。日本アマチュア無線連盟アイコム株式会社(D-STAR無線機器)D-STARはアマチュア無線のデジタル通信の標準方式として開発されました。D-STARはレピータをインターネット回線で相互接続することで、全国各地はもとより海外との交信も可能なことや、デジタルの呼出周波数がJARL推奨周波数として明記されたことで、無線機相互の交信もスムーズになりユーザーが飛躍的に増加しています。本書は、そのD-STARをデジタル通信の仕組みから、使いやすくなったD-STAR無線機の機能や操作、設定方法をハンディ機からモービル機、固定機まですべて網羅して解説しています。これからD-STARデジタル通信を始める方はもちろん、すでにD-STAR運用をしている方にも、最新の便利な使い方のヒントを満載して、みなさんのD-STAR運用に役立つこと間違いなし。D-STAR通信のバイブルとして、ぜひご活用ください。目 次D-STAR無線機の特徴を徹底検証 ハンディ機 ID-31/ID-51 モービル機 ID-5100 固定機   IC-7100 固定機   IC-9100 はじめに第1章 D-STAR通信を始めよう 1-1 D-STARとは?   D-STARの概要   D-STARの特徴   D-STARで使う用語 1-2 無線機と免許申請   無線機を選ぼう   無線局免許の申請 1-3 D-STAR通信の準備   管理サーバに自局のコールサインの登録   無線機に自局のコールサインの設定   クローニング・ソフトとSDカードの使い方 1-4 交信してみよう   交信の基本 シンプレックス通信    ・設定と運用周波数    ・シンプレックスでの運用   レピータを使用する交信    ・レピータを使用するときの設定    ・430MHzと1200MHzの相互通信    ・DR機能でレピータ通信の簡単設定    ・レピータを1局だけ使用する交信(山かけ)    ・レピータを2局使用する交信(ゲート越え)    ・コールサイン指定呼出    ・応答するときの操作    ・レピータを使用するときの注意   いろいろな機能を使った交信    ・メッセージの付加機能    ・GPSの使用と位置情報    ・自動応答機能    ・簡易データ通信機能    ・画像伝送と文字通信    ・無線機とAndroid端末のつなぎ方と設定のポイント    ・画像伝送の検証内容    ・機種ごとの説明   ロールコールやコンテストでD-STAR通信を楽しむ    ・シンプレックス・ロールコール    ・レピータでのロールコール(1)    ・レピータでのロールコール(2)    ・D-STARコンテスト   HF & 50MHzでD-STAR通信を楽しむ 1-5 D-STARレピータ局を立ち上げる   レピータ局の現状と開設に必要な条件   レピータ局の例    ・入間レピータ    ・堂平山レピータ      コラム(1) レピータの識別      コラム(2) アシスト接続とゾーン・エリア      コラム(3) 設定項目やメッセージなど機種による表示の違い第2章 D-STAR無線機使いこなしガイド 2-1 ハンディ機使いこなしガイド ID-31/ID-51/ID-51PLUS—共通編   受信した局のコールサイン読み上げ   自局宛て呼び出し音の設定   シンプレックス周波数のメモリ   個人コールサインの登録   内蔵時計の自動時刻合わせ   オート・パワーオフ   電源供給    ・バッテリ・パックと充電器    ・外部電源   アンテナ   家や車で使う 2-2 ID-51,ID-51PLUS編 トリプルバンド機として楽しむ   ラジオ受信    ・音量の設定 2-3 モービル機使いこなしガイド ID-5100を使う   無線機の取り付け   本体とコントローラの接続   マイクロホン   アンテナと電源の配線   コントローラの取り付け位置   無線機のお勧め設定    ・スピーチ設定    ・サウンド設定   ディスプレイ設定    ・夜間設定機能    ・時間設定   デュアル表示の組み合わせ例    ・D-STARだけの運用    ・D-STARとFMを運用 2-4 固定機使いこなしガイド IC-9100を使う   IC-9100でのD-STARの操作    ・DR機能の操作のコツ   固定運用時のレピータ利用のポイント    ・アンテナの選択と地上高    ・パワー調整   IC-9100のお勧め設定    ・設定の変更    ・フィルタ 2-5 D-STARを便利に使う技あり設定   相手局コールサインとレピータ・リストを無線機に直接設定する方法    ・相手局コールサイン    ・設定操作の流れ   レピータ・リスト    ・レピータを登録する    ・シンプレックスの周波数を登録する   文字入力の基本操作    ・ID-31,ID-51,ID-51PLUSの操作例    ・ID-5100,IC-7100の操作例 2-6 周辺機器との組み合わせ例(オプションの選択)   ハンディ機    ・バッテリ・パックで運用時間の延長    ・充電と充電時間の短縮    ・外部電源ケーブルの使用    ・外部マイクロホン    ・無線機の保護    ・お勧めのハンディ機オプション組み合わせ   モービル機    ・車載用マウント・ブラケット    ・延長ケーブル    ・ID-5100用Bluetooth関係   固定機   そのほかのオプション     コラム(4) D-STARレピータのダブル・アクセス第3章 D-STAR運用を楽しもう 3-1 ハンディ機で楽しむD-STAR 東京—福岡 新幹線アクセス情報付き   常置場所でも移動でもハンディ機でD-STAR   新幹線でD-STAR   博多→小倉   小倉→広島   広島→岡山   岡山→新神戸   新神戸→新大阪   新大阪→京都   京都→名古屋   名古屋→新横浜   新横浜→品川   品川→東京   福岡—東京 新幹線D-STARアクセス座席選び    ・新幹線に乗車の人を追いかけるときは? 3-2 モービルで楽しむD-STAR 3-3 固定で楽しむD-STAR 3-4 レピータ局を設置する 埼玉県・堂平山D-STARレピータ   きっかけ   ときがわ町と交渉   役場からの返事   いよいよ工事開始   お楽しみもあるんです   免許,そして開局   おわりに第4章 D-STAR資料編 4-1 D-STARレピータ・リスト— DVモード 4-2 D-STAR I-GATE運用局リスト 4-3 D-STARの運用指針   コラム(5) RSレポートとQSLカードの書き方   コラム(6) DPRSとAPRSについて 索引 著者プロフィール
  • 1冊
    ¥1,800(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】■写真で見るFT-817■SSB通信とHF帯交信■FT-817楽しみ方ガイド■FT-817特徴を一挙公開■メーカー・インタビューで探る FT-817の魅力はこれだ!■FT-817に使える周辺機器ガイド■FT-817をもっと使いこなすためのガイド■操作マニュアル■コラム バーテックススタンダードのFT-817は発売から10年以上を経過したにもかかわらず、アマチュア無線のオーソリティから免許を取得したばかりのビギナーまで幅広い購買層を維持しています。そのロングセラーFT-817の魅力と特徴を徹底的に紹介します。また、多数発売されているFT-817専用の外部機器、また FT-817に使える便利な周辺機器も多数紹介。オールバンド、オールモードしかもコンパクトとこれまでにないコンセプトで、多数のユーザーに愛される名機FT-817のすべてがわかる1冊です。
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    アマチュア無線の世界は大海原のように広く、kHzの世界から上はGHzの世界までさまざまです。その中でもHF帯(3?30MHz)の電波は地球を取り巻く電離層による反射を利用したダイナミックな遠距離通信が魅力です。電離層そのものが地球と太陽の織り成す自然現象の上に成り立つものであるため、毎日変わる通信状態を相手に、今日はどこが聞こえてくるだろうか、とわくわくしながら無線機のダイアルを回すことになります。本書はHF通信に入門される方に向けて、そもそもHFとは何か、何がおもしろいのか、という点から始めて、HF無線局の構築方法、HFバンドの特徴と使い方、HFでの交信方法、そしてHFの電波伝搬についてたくさんの図やイラストとともにご紹介しています。もっと遠くと交信したい、アマチュア無線で日本や世界を旅したい、そんなあなたの夢をかなえてくれるHFの世界へ、本書を参考にぜひ足を踏み入れてみてください。目次アマチュア無線で世界を旅するHF ─ 最もダイナミックな無線通信の世界へようこそ世界QSLカード紀行 アジア世界QSLカード紀行 オセアニア世界QSLカード紀行 北米・中米・南米世界QSLカード紀行 ヨーロッパ世界QSLカード紀行 アフリカ世界QSLカード紀行 北極・南極圏アマチュア無線用大圏地図第1章 HFの世界へようこそ1-1 イントロダクション1-2 HFのおもしろさ1-3 HFとは図・HFの電波とは?・HFとV/UHFの違い・HFの無線交信コラム1-1 そもそも「HF」とは何?コラム1-2 電離層とHF通信の歴史第2章 HFの無線設備2-1 無線局拝見2-2 自分だけのHF無線局を構築する・無線機編・付属品・周辺機器編・アンテナ編2-3 実際どれくらい交信できるのか──モデルケースの紹介2-4 HF運用を補助するもの・大圏地図・ログコラム2-1 給電部にはバランを入れようコラム2-2 ダイポール・アンテナを張る方向コラム2-3 アンテナ・アナライザコラム2-4 ヘアピン・マッチコラム2-5 同軸ケーブルを室内に引き込む方法コラム2-6 HFで思うように飛ばなかったら第3章 HFバンドの特徴と使い方3-1 アマチュアHFバンド3-2 バンドごとの特徴と使い方・1.8/1.9MHz帯(160mバンド)・3.5/3.8MHz帯(80m/75mバンド)・7MHz帯(40mバンド)・10MHz帯(30mバンド)・14MHz帯(20mバンド)・18MHz帯(17mバンド)・21MHz帯(15mバンド)・24MHz帯(12mバンド)・28MHz帯(10mバンド)コラム3-1 バンド選びに迷ったらコラム3-2 バルーン・アンテナコラム3-3 国旗アンテナコラム3-4 日の出すぎの5U7WPコラム3-5 海外コンテストはぜひ14MHzでコラム3-6 HF通信入門にお勧めの18MHzコラム3-7 地上高3mのダイポール・アンテナとヤン・マイエン島コラム3-8 CQを出してみよう第4章 HFの交信4-1 交信の種類4-2 SSBによる実際の交信・国内ラバー・スタンプQSO・国内ショートQSO・国内コンテストでの交信・海外ラバー・スタンプQSO・DXぺディション局との交信・海外コンテストでの交信4-3 CWによる実際の交信・国内ラバー・スタンプQSO・国内ショートQSO・国内コンテストでの交信・海外ラバー・スタンプQSO・DXぺディション局との交信・海外コンテストでの交信4-4 スプリット運用4-5 HF帯で遭遇するさまざまな信号と対処の仕方4-6 HF運用のマナー4-7 73(交信を終えた)の後にコラム4-1 QSLカードは一方的にビューローで,というのはなに?コラム4-2 ハンドル・ネームコラム4-3 コールサインはフル・コールでコラム4-4 よく出会う地域指定「CQ EU(トッ・トトツー)」コラム4-5 CQ(不特定多数を呼び出す)を出す前にコラム4-6 QSL?コラム4-7 ビッグ・ガンが取り残されたわけコラム4-8 QRZ.comとは?コラム4-9 IRCとグリーン・スタンプ第5章 HF電波伝搬5-1 電波の伝わり方5-2 電離層とは?5-3 HF電波伝搬・国内交信とHF電波伝搬・海外交信とHF電波伝搬コラム5-1 コンディションが良いのはいつ?コラム5-2 海外交信にはアンテナの打ち上げ角は低いほうが良い?コラム5-3 電波伝搬はわからないことだらけ資料編- 01 ラバースタンプQSO 虎の巻資料編- 02 HF通信用語集資料編- 03 DXCC Entity List資料編- 04 国際呼出符字列分配表
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【RFワールド No.10 目次】**************************[特集]回路/アンテナ/デバイスなどの特性を測る定番測定器を大解明! はじめてのネットワーク・アナライザ[第1章]回路/アンテナ/デバイスなどの特性を測る定番測定器を理解しよう! ネットワーク・アナライザのすすめ ◆コラム◆特集執筆にかけた思い[第2章]RFパワーの周波数特性測定を通じて学ぶVNAの基本的な仕組み ネットワーク・アナライザの基礎 ◆コラム◆集中定数的な考え方と分布定数的な考え方[第3章]Sパラメータ、校正、方向性結合器そして同軸コネクタ ネットワーク・アナライザの関連技術Appendix ネットワーク・アナライザに必要な三つのキャリブレーション[第4章]BPFのSパラメータ測定、差動増幅器やミキサの測定、ウエハ・プロービング ネットワーク・アナライザによる測定手順と実測例 ◆コラム◆誘電体測定プローブ[第5章]低周波からRFまで、高精度を得るためのインピーダンス測定法 インピーダンス・アナライザの基礎知識 ◆コラム◆こいつら何者?Appendix 標準空気コンデンサ・セット16380Aの開発について[第6章] YHP/日本HP/アジレント・テクノロジー社の国内開発製品に見る インピーダンス測定器の略史[第7章] 反射波形によるインピーダンス測定やケーブル不良位置の特定など TDRとベクトル・ネットワーク・アナライザ ◆コラム◆パイプを覗くと ◆コラム◆TDRは何が面白いのか? ◆コラム◆広帯域オシロスコープの入力部をESDから守るAppendix 高周波回路におけるプリント基板設計について[第8章]高性能な理由、SGやスペアナの代用、使いこなしのヒントなど ネットワーク・アナライザを使いこなそう![特設記事] USB2.0接続、オープンなハードウェア&ソフトウェアでDC~5.9GHzまで送受信! GNU RadioとUSRPで始めるソフトウェア無線[特別企画]SパラメータをRF回路設計へ応用した背景、ベル研の思い出、世界初の光ファイバ・データ通信など Sパラメータの父、黒川兼行氏 独占インタビュー[技術動向]ICTの標準化戦略が企業や国家の国際収支を左右する! 移動通信をめぐる国際標準の常識と新たな戦略Appendixミニ略語事典[製作&実験]USB接続で使える1k~1.3GHzまでの低価格ベクトル・ネットワーク・アナライザ “VNWA2”キットの製作・試用記[製作&実験]74AHCU04で低周波からFM放送帯までを扱う CMOSロジックIC1個で作れるFMワイヤレス・マイク[歴史読物]無線・高周波からディジタルまで各種機器を支える電子材料 フェライトの発明と工業化の歴史 ◆コラム◆「TDK歴史館」への誘ないAppendix 世界が認めた電気・電子・情報・通信分野の技術遺産の顕彰と日本の受賞例 「IEEEマイルストーン」のご紹介 ◆コラム◆サーノフの遺産──デヴィッド・サーノフ記念図書館の閉館[折り込み付録]世界のディジタル携帯電話周波数チャートIIIほか版
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【RFワールド No.11 目次】**************************[特集]携帯電話端末や基地局で使われる線状アンテナの動作がわかる! やさしい数式で理解するアンテナの常識第1部 理論編[第1章]アンテナと電波のする仕事、空間のエネルギーとは?物理の基礎をまず復習 基礎から始めるマクスウェル方程式の組み立てAppendix-1 平衡2線伝送線路の電流・電圧および各種特性値の導出[第2章]電流素片や線状アンテナからの放射、入力インピーダンス、伝送線路を含めた最適化など 線状アンテナから電波が出るしくみAppendix-2 磁場・電場の導出、アンテナからの放射にまつわる特性、伝送線路の計算など第2部 実例編[第3章]伝送線路とアンテナの指標パラメータ、測定法と対策、ダイポール・アンテナの諸特性など 線状アンテナにおける特性評価の指標と測定法[第4章]携帯電話用アンテナの課題/条件、ホイップ・アンテナや内蔵板状逆Fアンテナの実例 小形アンテナの設計課題と実例 ◆コラム◆平板ホイップ・アンテナの思い出[第5章]携帯電話のアンテナが消えた理由、最新の携帯電話機にみるアンテナの実例 第3世代携帯電話アンテナの実際[第6章] 基地局アンテナの概要、偏波ダイバーシチ、水平面内指向性、ビーム・チルト制御、移相器など 携帯電話基地局用アンテナの技術と実例[特設記事]ミリ波による高速ブロードバンド通信をシンプルに実現できる非放射性誘電体線路とその応用 NRDガイドによる60GHz帯1.5Gbpsデータ送受信機の技術 ◆コラム◆NRDガイド誕生にまつわる小話Appendix NRDガイド方向性結合器を用いて60GHzで1.5Gbpsを実現 BPSK変復調器の試作と特性評価[技術解説]10k~3.5GHzをフルカバー、ディジタルI/Q信号のUSB出力を備えたAR-Alpha 広帯域受信機にみるディジタル信号処理とRF回路のテクノロジ Part-1: ディジタル制御RF回路とDSP処理Appendix 大学開発の深宇宙探査機“UNITEC-1”からの信号を解析する AR-AlphaのディジタルI/Q出力の利用例[技術解説]知っているようで知らなかった!アナログ放送時代を支えたワイドバンドTVアンテナの技術 VHFテレビ受信用八木・宇田アンテナのしくみとその特性[製作&実験]FMラジオからの警報音で確認できる ワイヤレス雨降りアラームの製作[歴史読物]ホイッスラーの研究を軸に、ロケット実験やあけぼの衛星による観測実験、電離層加熱実験などを振り返る VLF帯を通してみた超高層電波の科学研究小史Appendix 海外に見る簡易ホイッスラー受信機の製作例[折り込み付録]無線LAN/WAN/PANなどの周波数チャートIII
  • 1冊
    ¥2,000(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】第1章 QSO用英会話(電話) 1.1 QSO用英会話表現集 1.2 英語による簡単なQSOのしかた 1.3 間違えやすい表現 1.4 QSO用単語、熟語集(単語、熟語とその意味)第2章 オペレーション・テクニック 2.1 覚えるよりも慣れること! 2.2 DX局とのQSOのしかた 2.3 DX QSOのエチケット第3章 QSO用英会話(電信) 3.1 CW-QSO用表現集 3.2 CW-QSOのしかた 3.3 通信略語とそのじょうずな使い方第4章 楽しいDXコンテスト 4.1 DXコンテストに参加しよう 4.2 DXコンテストのQSO方法 4.3 DXコンテスト参加の注意事項 4.4 フォネティック・コードほか 本書は、1969年6月に発行された「ENGLISH FOR HAM QSO」を改訂したものです。「ハムのための英会話」はそのときのサブタイトルでしたが、本書ではわかりやすさを重視して、こちらをメインタイトルにしています。著者の米田治雄氏は昨年10月にサイレント・キーとなられましたが、2002年までJA1ANGというコールサインで活躍されていました。本書は今から約40年も前に執筆されたにもかかわらず、内容は古さを感じさせません。これからアマチュア無線を始めようと考えている方には非常に有益なアドバイスが盛り込まれていますし、英語による海外との交信のやりかたが中心とはいえ、気持ちよく交信をするための気配りや状況判断については参考になることが多いでしょう。
  • 1冊
    ¥2,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】 第1章 基礎知識 第2章 通信について 第3章 インピーダンス整合 第4章 増幅器 第5章 アンテナ 第6章 発振器について 第7章 周波数変換回路 第8章 フィルタの設計 第9章 高周波の測定技術 現代社会では、無線による電波利用は、昔から行われていた通信にとどまらず、ICカードの認証やデータ通信など広く利用されるようになっています。また、携帯電話の普及により、我々の身近な存在にもなっています。したがって、高周波技術について理解したいと思う人は増えていますが、高度な数式を用いて解説した専門書では広範な知識を短期間に吸収することは難しいものです。 そこで本書は、わかりやすい2色刷りの解説により、三角関数から始めて、インピーダンスの概念、オームの法則などの高周波技術の基礎を理解し、その上で成り立つ無線工学の基礎をマスターすることを目指します。
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【RFワールド No.9 目次】**************************[特集]ディジタル広帯域変調が主流の移動体通信を理解するための今さらきけない電波伝搬のABCイントロダクション 電波伝搬を理解すれば無線通信技術がわかる!ディジタル・モバイル通信の電波伝搬へようこそ[第1章]自由空間の伝搬、固定間通信の伝搬、移動通信の伝搬 電波伝搬の基礎 ◆コラム◆dBμは電圧のdBμVなのか電界強度のdBμV/mなのかに注意 ◆コラム◆FMラジオで体感する瞬時変動[第2章]地形や建物による影響、市街地の伝搬、屋内の伝搬 遮蔽物の影響 ◆コラム◆衛星からの電波は飛行機で遮蔽されるか?[第3章]発生メカニズム、レベル分布、フェード・デュレーション、フェージング相関など フェージング ◆コラム◆ガウス分布、レイリー分布、ライス分布の相互関係[第4章]選択性フェージング、遅延プロファイル、マルチパス伝送路のモデル化、周波数領域と時間領域 広帯域伝送特有の問題 ◆コラム◆フーリエ変換とFFT[第5章]雑音による誤りの発生、干渉による誤りの発生 電波伝搬とビット誤りの関係 ◆コラム◆ビット・レート、シンボル・レート、チップ・レート[第6章] 電波伝搬現象のまとめと通信方式やアンテナ信号処理による対策法 電波伝搬における諸現象への対策技術 ◆コラム◆無線LANのスペクトル拡散と携帯電話のスペクトル拡散の違い[第7章] ソフトウェアによる電界強度の推定、ハードウェアによる伝搬環境の再現 電波伝搬のシミュレーション ◆コラム◆高速・広帯域レコーダの近未来[第8章]電界強度の測定法、電波強度アナライザの試作、測定の実例など 電波伝搬特性の測定 ◆コラム◆測定単位とコネクタについてAppendix ハンディ・ターミナルを使った無線検針の可能性を探る! メータ・ボックス内UHF帯テレメータの電波伝搬[特設記事] CATVの基礎から地上デジタル放送の再送信技術まで デジタル放送時代のケーブルテレビ技術Appendix 海外のケーブル・デジタル放送の概要[技術解説]衛星通信やレーダなどのマイクロ波/ミリ波で活躍する高出力・高効率デバイス 進行波管のあらましとTWTアンプの実際見[製作&実験]ノイズが無く、音質が良いFM方式を採用した 電灯線で音楽を送るキャリアホンの製作[技術解説] 基本に忠実な終段コレクタ変調で良好な変調が得られる AMワイヤレス・マイクの設計と製作[入門解説]わかっているようで、わかっていなかったかも? いまさら聞けない初歩の無線数学 Part-2: デシベル、アンテナと電波伝搬 ◆コラム◆してはいけないdB平均 ◆コラム◆dBの概略値を暗記しよう ◆コラム◆EIRPとERP ◆コラム◆電流のいろいろ[歴史読物]世界に先駆けた日本人たちの知られざる素顔と功績 高周波デバイスの日本史 (後編)トランジスタの誕生からHEMTの応用まで ◆コラム◆読者プレゼント「電磁波を拓いた人たち」[折り込み付録]無線と高周波の国内周波数チャート 2010年版
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【RFワールド No.8 目次】**************************[特集]シミュレーションにない魅力と面白さを体験しよう!製作による無線・高周波の実践体験第1部 試作や実験に役立つアイテム[第1章]RFパワー・センサICと汎用オシロでGHz帯の電波を観測してみよう!高速パワー・センサによるRF波形モニタの製作と応用Appendix GHz帯の回路や機器を手作りする現役プロの道具と材料を拝見!試作回路の組み立てに使用した工具と部材[第2章]VCO内蔵PLL周波数シンセサイザICを使った2.3~2.8GHzUSBで制御できるRF信号発生器の製作Appendix 3行の仕様書から、試作品が生まれるまでミリ波/マイクロ波の手作り現場[第3章]SWR、インピーダンス、抵抗、リアクタンスなどを測定できるアンテナ・アナライザの製作Appendix 定在波比とインピーダンスZから、抵抗RとリアクタンスXを導出する式[第4章]レベル調整、ミスマッチ緩和など──手軽に作れて役に立つアッテネータの製作とその効用第2部 教材やホビー向けのアイテム[第5章]ラジオからのクリック音で探せる!広帯域インパルス方式トランジスタ1石で作れるリモコン・ファインダ◆コラム◆手書きのロング・セラー『Engineer's Notebook』シリーズ[第6章]短波ラジオで受信する!広帯域インパルス方式トランジスタ1石だけで作れる簡易温度テレメータ[第7章]送信も受信もシンプルな構成で作りやすいUHF微弱電波を利用した置き忘れ防止アラームの製作[第8章]10.525GHzのFM電波を室内で飛ばしてみよう!マイクロ波FMワイヤレス・マイクの製作[第9章]ディップ点を目で確かめる作業から解放される!ディップ・メータ用サウンド・アダプタの製作[第10章]13.56MHz帯の身近なRFIDの電波が見える!無線タグ見える化アダプタの試作と実験[特設記事]逼迫する周波数資源不足を解決する新世代ワイヤレス・テクノロジコグニティブ無線の目標とその技術[技術解説]捜索レーダの構成と仕組み、目標探知能力の算定、実用レーダ方程式など レーダ・システムの基礎知識 ◆コラム◆レーダ周波数帯の呼称 ◆コラム◆レーダ断面積の特性Appendix 波の反射現象の発見から実用レーダの開発まで 黎明期のレーダ開発小史 24GHz帯を使い0.01mmの微小偏移や0mからの至近距離を検出できる! 定在波レーダの原理とその応用 ◆コラム◆財団法人 雑賀技術研究所について 上り50Mbps、下り100Mbpsのパケット・データ通信を実現する 第3.9世代 携帯電話の無線技術『LTE』のあらまし ◆コラム◆用語解説[入門解説]わかっているようで、わかっていなかったかも? いまさら聞けない初歩の無線数学 Part-1: 共振周波数、周波数特性、コイル、SN比とNF ◆コラム◆Shall weタンス? ◆コラム◆無誘導巻き抵抗器[歴史読物]世界に先駆けた日本人たちの知られざる素顔と功績 高周波デバイスの日本史 (前編)火花放電式から真空管の発明・発展まで ◆コラム◆「電磁波を拓いた人たち」[折り込み付録]テレビ放送/衛星放送/CATVなどの周波数チャート
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【RFワールド No.7 目次】**************************[特集]航行支援、管制レーダー、GPS、タクシー無線、ETCなど電波と交通システム[第1章]ASR、ARSR、SSR、ASDE、無線電話など航空機の安全運航を支える航空管制施設松井 晴彦[第2章]ILS、VOR、DME、TACANなど航空機の安全運航を支える航空無線施設松井 晴彦[第3章]アンテナ間の相互結合が少ないILSローカライザ用対数周期アンテナ川上 晴夫[第4章]衛星からの電波を受信して正確な位置や時刻を知る!GPSナビゲーション・システムの仕組みと技術動向海老沼 拓史Appendix-1日本が開発中の衛星測位システム準天頂衛星システムの概要小暮 聡Appendix-2写真で見る実際のアンテナと特性パターンGPS衛星の搭載アンテナ川上 晴夫[第5章]ナローFMの半分の帯域幅で高速・多機能を実現ディジタル・タクシー無線機とそのシステム阿部 久[第6章]5.8GHz帯を利用した身近な自動料金収受システムETC車載器とETCシステムの仕組み高井 章/大越 章智Appendix料金所に設置された5.8GHz帯アンテナの特性を知るETC路側機のアンテナ川上 春夫[第7章]260MHz帯に対応する低背でフレキシブルなホイップ・アンテナ救急車のディジタル無線用アンテナ川上 春夫[第8章]150MHz帯/400MHz帯に対応するスリーブ型モノポール列車無線用アンテナ川上 春夫[第9章]走行中の列車内から無線LANによるブロードバンド・アクセスを実現!列車内インターネットの現状と今後の展開工藤 晶宣/佐川 雄一◆コラム◆海外の列車内インターネット接続サービス[特設記事]10M~110GHzの信号伝搬を動画で観察できる!電界カメラの動作原理と観測例土屋 昌弘[製作&実験]3種類の超再生検波回路で中波AMラジオ放送を受信する試み超再生検波ラジオの私的小研究藤平 雄二[技術解説]アンテナから数mまで到達!金属ケース内や水中でも送受信可能!LF帯アクティブRFIDの新規格IEEE1902.1のプロフィール泉田 正道[技術解説]ETCレーン、無線LAN、RF-ID、レーダなどに用途が広がる電波吸収体の原理・構造とその利用橋本 修[技術解説]特定小電力無線モデムで使われる誤り訂正のしくみと効能の実際8ビット・マイコンによる誤り訂正の処理速度山辺 常広◆コラム◆ハミング距離、シンドローム◆コラム◆誤り訂正は同期が肝心[歴史読物]公共/一般業務無線、MCA無線、簡易無線などの業務通信自営無線通信の歩みと将来杉山 博史[折り込み付録]無線LAN/WAN/PANなどの周波数チャートⅡ
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【RFワールド No.6 目次】**************************[特集]ZigBee、Bluetooth、CyFi、微弱無線、特定小電力などわかるロー・パワーRFデータ通信[第1章]2.4GHz帯で250kbpsのデータ通信を手軽に実現できるIEEE802.15.4/ZigBeeトランシーバ・ボードの試作とアンテナ評価木崎 一廣◆コラム◆ESPARアンテナについてAppendix技術基準適合証明の取得体験記木崎 一廣[第2章]2.4GHz帯、最大1Mbpsで10m程度をデータ伝送できる“CyFiローパワーRF”登場!RFデータ・トランシーバ CYRF7936のテクノロジ松添 信宏◆コラム◆サイプレス社のWirelessUSBAppendix“CYFISNP”と評価キットの概要栗川 洋平◆コラム◆評価キット・プレゼント![第3章]微弱電波でも150mの飛距離を実現!新規格ARIB STD-T93にも対応!狭帯域DSSSトランシーバ RMシリーズの技術と実力佐藤 信一◆コラム◆ARIB標準規格について[第4章]モバイル機器の無線接続用に普及が進むBluetoothの無線テクノロジと評価の実際福本 浩史/塚越 正◆コラム◆Bluetoothの名称の由来AppendixBluetoothと電波法福本 浩史/塚越 正[第5章]400MHz帯、4800bps、数百m以上の到達距離が得られる特定小電力無線モデムの仕組みと実力小宮山 真康[特設記事]簡易携帯電話から最大100Mbpsの高速データ通信への道のりよくわかるPHSのしくみと次世代PHSへの技術展望 萩野 達雄◆コラム◆FDDとTDDの違い[製作&実験]2.4GHz 帯ISMバンドの電波を検知できる!マイクロ波磁界検出器の製作と実験 藤原 武[技術解説]偏波ダイバーシティを実現するためのPHS基地局用水平偏波無指向性アンテナ川上 春夫◆コラム◆ブルース・アンテナ[技術解説]多値位相変調時代に求められる信号源の構成とその性能を測る!低位相雑音PLL周波数シンセサイザの技術と実力岡 聖吾◆コラム◆ミリ波帯の低位相雑音PLLシンセサイザを使ったHDTVワイヤレス・カメラ[技術解説]2.7GHzまでの20MHz帯域の電波をハード・ディスクに記録して再現できる!電波信号の記録・再生システムと観測例清水 尚[入門解説]実は知らない・解っていない──高周波の振る舞い高周波回路のお話パート2:インピーダンス・マッチングと電波防護指針藤田 昇◆コラム◆高周波回路はべたグラウンド?◆コラム◆誤った通説(パート1)◆コラム◆誤った通説(パート2)[歴史読物]中波放送用アンテナのプロフィールと電波伝搬写真で見るラジオ送信アンテナのお話北沢 幸浩[折り込み付録-1]世界のディジタル携帯電話周波数チャートII[折り込み付録-2]RF回路でよく使う図記号一覧
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【RFワールド No.5 目次】**************************[特集]ブラック・ボックス化した測定器の仕組みと原理を理解するディジタル変調時代のRF測定器入門特集執筆:小室貴紀[第1章]測定原理を理解して最新機器を使いこなそう!RF測定器のプロフィールと現状◆コラム◆電子測定器の持つ矛盾[第2章]ディジタル変調対応の信号発生器の原理をおさらい基本的なRF測定器の常識 その1:信号発生器◆コラム◆AWGの設計はDAC以外も難しい◆コラム◆DACの内部トランジスタのスイッチング・スピード◆コラム◆アナログ至上主義を越えて[第3章]動作原理、使いこなすために知っておきたいこと、能力の限界など基本的なRF測定器の常識 その2:古典スペクトラム・アナライザ◆コラム◆リファレンス・ロックの効用Appendix高調波ひずみの精密測定[第4章]FFTアナライザやディジタルIF方式スペアナの動作原理を知る新時代のスペクトラム・アナライザ[第5章]スペクトラム・アナライザを使ったディジタル変調信号の解析方法ディジタル変調とそのパラメータ◆コラム◆スペクトラム・アナライザにトリガ?◆コラム◆トレーサビリティと標準器[第6章]ディジタル変調の送信機や受信機を測る方法と実測例ディジタル無線通信システムの測定◆コラム◆EVM、BER、SNRの関係[第7章]真っ向勝負型と相互相関法の原理ディジタル無線通信システムの位相雑音測定[第8章]電子産業を支える機器を提供し続ける測定器の開発者達測定器を作るということ[特設記事]電波天文の略史と電波を観測する受信機の概要電波天文の基礎と宇宙観測用受信システム川邊 良平Appendix電波干渉計のしくみと観測例伊王野 大介/ 齋藤 正雄[製作&実験]10.525GHzの安価なマイクロ波送受信モジュールNJR4178Jを応用ドップラー・センサを使ったスピード・ガンの製作漆谷 正義[技術解説]パルス波による時間領域分光法、連続波発振器や検出器の開発、応用事例などテラヘルツ波技術開発のあらまし寳迫 巌[技術解説]マイクロ波によって電力とデータを同時に伝送できる!2次元通信システム「サーフェイスLAN」張 兵/篠田 裕之[技術解説]周波数と時刻に関する標準電波の決定・送出とタイム・コードの形式写真と図で見る長波標準電波“JJY”今村 國康[技術解説]高周波の振る舞いを理解して設計するためのアドバイス3題ワンポイントRF回路藤原 武[1]低周波と高周波の違い[2]高周波におけるワイヤのインダクタンス[3]現実的なインピーダンス・マッチング[入門解説]実は知らない・解っていない――高周波の振る舞い高周波回路のお話 パート1:高周波と低周波や直流の違い藤田 昇◆コラム◆超でないヘテロダイン方式◆コラム◆電流が流れると電線内の電子が押し出される?◆コラム◆スピーカ・ケーブルとリッツ線[歴史読物]研究/開発/設計/製造などの現場を支え、時代を築いた傑作機列伝HP/アジレント社にみるRF測定器の名機たち野口 倫稔[折り込み付録]無線と高周波の国内周波数チャート 2009年版
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【RFワールド No.4 目次】**************************[特集]地球環境リモート・センシング/地中レーダ/地震予知/医療用MRIなど電波科学への誘ない[第1章]天候や地球温暖化を観測する衛星のセンサは電波が主役だ!マイクロ波による地球環境のリモート・センシング技術古濱 洋司◆コラム◆光センサとマイクロ波センサの比較[第2章]マイクロ波を使った放射計/散乱計/高度計/映像レーダの仕組みマイクロ波リモート・センシングの測定原理古濱 洋司◆コラム◆ブラッグ散乱とは[第3章]日本で開発された代表的なマイクロ波センサの実際と搭載衛星観測のためのRF技術古濱 洋司[第4章]海面温度、海氷分布、台風、水循環、熱波、集中豪雨、降水量、森林伐採、地殻変動、土地利用などマイクロ波リモート・センシングによる観測例と考察古濱 洋司[第5章]MUレーダ、ウィンド・プロファイラなどの仕組みと観測例大気を測るレーダ山本 衛◆コラム◆大気レーダの歴史と諸外国のレーダAppendixMUレーダによるイメージング観測山本 衛[第6章]埋設金属や地下水を検出したり、地中やコンクリート内部などを可視化する地中レーダ技術と人道的地雷検知への応用佐藤 源之[第7章]ULF帯電磁放射、VHF帯見通し外伝搬、VLF/LF帯送信局電波を使った研究など地震に伴う電磁気現象と地震予知の研究早川 正士/伊田 裕一/武藤 史弥Appendix地震予知の可能性早川 正士/伊田 裕一/武藤 史弥[第8章]医療用や産業用として人体や材料の内部を可視化するMRI装置のしくみとそのRF技術半田 晋也/拝師 智之/巨瀬 勝美[第9章]60GHz帯ミリ波を利用して遮へい物に隠れた物を見る電波テレビカメラの研究九鬼 孝夫Appendix国際電波科学連合URSIの紹介とURSI-Cの国内活動伊東 健治[特設記事]地上デジタル放送波をそのまま光ファイバで中継するRadio over Fiberのしくみと実際鳥羽 良和/土屋 治彦[技術解説]米国のU/VHF帯ディジタル無線機で使われている標準方式無線通信用ディジタル音声方式APCO-P25西村 芳一◆コラム◆ミニ略語集Appendix短波帯ディジタル音声通信のための無線モデム ARD9800西村 芳一[技術解説]評価基準、電波法の規制項目、変復調、性能の測定法など2.4GHz帯無線LANの評価法藤田 昇◆コラム◆標準以外の試験方法◆コラム◆平均電力とは◆コラム◆伝送速度と転送速度◆コラム◆無線LANの世代[入門解説]毎日使っているのに――実は知らない・解っていない電波のお話 パート2 : アンテナの基本特性と種類藤田 昇◆コラム◆高い周波数では長距離通信ができない?◆コラム◆送信アンテナにフェライトを使わないのはなぜ?◆コラム◆開放端電圧と終端電圧[歴史読物]半導体レーザーの登場前、マイクロ波の分子発振器が作られたメーザーとレーザーはこうして発明された霜田 光一[折り込み付録]テレビ放送/衛星ナビゲーションなどの周波数チャート
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【RFワールド No.3 目次】**************************[特集]規格/電波伝搬/変復調/プロトコル/回線設計/干渉対策/産業応用など無線LANのしくみとシステム構築法[第1章]誕生から現在に至る経緯と現行規格のあらまし無線LANの略史と規格の概要藤田 昇◆コラム◆ARIBとRCR◆コラム◆チャネルとはAppendix無線LANのチャネル番号藤田 昇[第2章]貴重な電波資源を有効に利活用するための必須知識電波と電波法藤田 昇◆コラム◆米国の無線LANは長距離通信に有利◆コラム◆周波数のインターリーブ配置とは[第3章]アンテナの特性や種類、基本的な用語などを学ぶアンテナの基礎知識藤田 昇[第4章]主なアンテナの基礎知識と市販製品に見る実例無線LAN用アンテナの基礎と実際川上 春夫◆コラム◆アンテナの指向性測定について[第5章]電波がどこまで届くかを知るためのコモン・センス電波伝搬の基礎知識藤田 昇Appendix伝搬障害と対策藤田 昇[第6章]変調復調の基礎、 SS方式、 OFDM方式、 MIMOなど無線LANで使われる変復調方式藤田 昇[第7章]ハードウェア構成、 プロトコル概要、波数チャネルと帯域幅などハードウェア構成とプロトコルのあらまし藤田 昇Appendix無線通信の原理藤田 昇[第8章]無線リンクの性能低下を未然に防ぐ回線設計の基礎と計算例無線LANシステムの回線設計法藤田 昇◆コラム◆非対称なシステムの受信電力[第9章]与干渉/被干渉を回避する各種具体策と自主規制など無線LANの干渉と対策藤田 昇◆コラム◆遠近問題◆コラム◆MIMOはシャノンを超えるか?Appendix長距離通信の実験藤田 昇[第10章]バスの運行管理と病院の患者呼び出しシステム無線LANの産業分野への応用藤田 昇[特設記事]端末のスイッチをONしてから電話がつながるまで携帯電話がつながる仕組み中嶋 信生[技術動向]携帯電話端末などの必須デバイスとして静かに進化を続けるRF用SAW/BAWフィルタの基礎と技術動向橋本 研也◆コラム◆弾性表面波とバルク波◆コラム◆SAW/BAW発振器◆コラム◆SAWトランスバーサル・フィルタ[技術解説]新しい動作原理で考案された超広帯域フィルタ回路リング・フィルタの動作原理とUWB用BPFの設計試作石田 等[技術解説]家庭のコンセントに挿すだけで使える最大190Mbpsの高速電力線通信HD-PLCの仕組みと組み込み用モジュール近江 慎一郎Appendixアマチュア無線バンドへの妨害をなくす深いノッチを挿入近江 慎一郎[部品解説]HF帯RFIDシステムの高感度化と高周波機器のEMC対策に活用できる「磁性シート リカロイ」の概要と使い方・選び方解良 千秋[歴史読物]ケータイが出現する前、携帯無線機はユーザの要求に応えてきた携帯無線機をめぐる技術小史田村 正勝[折り込み付録]無線LAN/WAN/PANなどの周波数チャート
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【RFワールド No.2 目次】**************************[特集]ディジタル携帯への道のり/変復調/符号化/アンテナなどを徹底解説!携帯電話とそのシステムの徹底研究イントロダクション進化し続ける無線システムは、 どこへ向かっているのかモバイル・コミュニケーションの世界へようこそ佐藤 拓朗◆コラム◆世界市場に出て行けない日本の携帯電話◆コラム◆日本の通信事業者の売り上げと純利益◆コラム◆CDMA方式ならソフト・ハンドオーバーできるわけ[第1章]自動車電話のスタートからPDCやcdmaOneへの発展1G/2Gから3G携帯電話への道のり佐藤 拓朗◆コラム◆TACSを日本で採用したもう一つの理由◆コラム◆クアルコム社がIS-95の標準化を推進した背景◆コラム◆CDMA方式では細かくパワー制御するわけAppendixPHSシステムの概要佐藤 拓朗[第2章]W-CDMA、 CDMA2000、 高速OFDM、 無線LANなど3Gシステムの概要と関連する無線技術佐藤 拓朗◆コラム◆雑音をどんなに増やしてもリンクが切れないモデム◆コラム◆Broadband CDMAかWideband CDMAか[第3章]セル構成によるユーザ数増大、 ハンドオーバー、 パワー・コントロールなどセルラー方式の基礎と移動管理・端末制御佐藤 拓朗◆コラム◆基地局の陣取り合戦◆コラム◆移動通信管理とネットワーク[第4章]変調・復調方式の基本とCDMAシステムの変復調ディジタル変復調の基礎と実際佐藤 拓朗AppendixOFDM変調技術佐藤 拓朗[第5章]誤りのない無線データ伝送の実現に必須の技術誤り訂正と信号処理佐藤 拓朗◆コラム◆どうしてデータは誤るのか?[第6章]フェージング、 電波伝播とそのモデル移動通信の電波伝播佐藤 拓朗◆コラム◆携帯電話端末の出力電力[第7章]ダイレクト・コンバージョン化、 CMOS化、 マルチバンド/マルチモード化携帯電話用RF-ICの進化と技術動向伊藤 信之◆コラム◆ミニ略語集Appendix写真で見るディジタル携帯電話編集部[第8章]基本的な構造、 種類、 その特性などを知る携帯電話基地局用アンテナの実際川上 春夫◆コラム◆PHS基地局のアンテナ[特設記事]電子タグやリーダ/ライタの仕組みと規格の概要を知るRFIDシステムの基礎と国際標準化の最新動向澤田 喜久三◆コラム◆RFID専門技術者資格認定試験始まる[技術解説]無電源タグを数mの距離から読み書きできる950MHz帯のRFID基礎からわかるUHF帯電子タグ・システムのしくみ三次 仁[技術解説]RF 回路設計に押し寄せるアーキテクチャの変革を読み解くCMOS RFIC 実現への道のり[後編]CMOSトランスミッタを実現した新技術小室 貴紀/小林 春夫/林 海軍/清水 一也/田邊 朋之◆コラム◆RF CMOSの発展に携わった人々の考え◆コラム◆微細CMOSによるRFアナログ回路[技術解説]チューナ、 復調方式、 限定受信、 良好に受信するための要点市販地上デジタル・テレビ受信機の構成としくみ川辺 武司◆コラム◆地上デジタル放送受信時に発生する障害例◆コラム◆液晶テレビの内部[入門解説]毎日使っているのに――実は知らない・わかっていない電波のお話[パート1]電波の性質と電波を使うためのルール藤田 昇◆コラム◆単位の接頭語を覚えよう◆コラム◆電子レンジで水を温められない?[歴史読物]半世紀に渡りアナログ&デジタルTVとFM放送を担う総合電波塔の素顔東京タワーのアンテナ・システム清水 保定[折り込み付録(1)]世界のディジタル携帯電話周波数チャート[折り込み付録(2)]特集を読み解くためのミニ略語集
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【RFワールド No.1 目次】**************************[創刊の辞]わが朋友の皆様へ佐藤 源貞[クローズアップRFワールド]カラー写真で見る掲載記事[特集]地デジとワンセグのハードウェア&システムを徹底解説!地上デジタル放送のテクノロジ解明[第1章]ISDB-T方式の開発、標準化、海外普及活動など地上デジタル放送開発の道のりと現在、そして未来高田 政幸[第2章]OFDM 信号生成から、 テレビ電波の送信までを知る地上デジタル放送の送信のしくみ土田 健一[第3章]SiGe BiCMOSによりIFフィルタを含めてワンチップ化を実現ワンセグ受信機用シリコン・チューナの技術飯塚 邦彦◆コラム◆DVB-Hとワンセグの比較[第4章]地上デジタル放送の電波を家庭へ送り届けるアンテナを知る地上デジタル・テレビ送信用アンテナ概説川上 春夫Appendix室内で地デジ放送を安定に受信する平面型可変指向性アンテナ大平 孝[第5章]OFDM信号を増幅する超低ひずみの5W級パワー・アンプ地上デジタル放送の中継局用電力増幅器九鬼 孝夫◆コラム◆ドレイン効率と電力付加効率 ◆コラム◆GaN の飽和電子速度[第6章]ワンセグ放送の普及に向けた二つの新技術ワンセグ連結再送信システムと緊急警報放送による自動起動濱住 啓之[第7章]地デジ時代に求められる測定項目やその意味を知る地上デジタル・テレビ放送のフィールド測定三崎 裕司[特設記事]RF 回路設計に押し寄せるアーキテクチャの変革を読み解くCMOS RFIC 実現への道のり[前編]フルCMOS レシーバにみる独創の技術小室 貴紀/林 海軍/清水 一也/小林 春夫AppendixUCLAでのRF CMOS前夜回想録[最新IC]フルCMOSとDSP 処理で外付け部品の大幅削減と無調整化を達成AM/FM/RDSラジオ・チューナIC NS954x シリーズの技術と実力宮城 弘◆コラム◆ワンチップにアナログ受信機とディジタル機能を混載した場合のノイズの影響[技術動向]高速モバイルとラスト・ワン・マイルを実現する!モバイルWiMAX が目指すもの萩野 達雄Appendixミニ略語集[入門解説]今さらきけない電波の常識をやさしく解説電磁波って何だろう?井手口 健[製作&実験]身近な材料を使って電磁波を作ってみようヘルツの実験を史実に近い装置で再現する漆谷 正義◆コラム◆ヘルツ送波器の波長と放射電磁界の強度について[エッセイ]マイクロ波にかける夢とロマンから新しいものを創造するに至った経緯と心得発明の源泉を辿って小西 良弘[歴史読物]機械遺産認定の17kHz 長波送信用「高周波発電機」を保存・展示する依佐美送信所記念館への招待加藤 修[折り込み付録]無線と高周波の国内周波数チャート
  • 1冊
    ¥2,200(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    マックスウェル以来、無線通信の技術は電磁気学の理論に支えられてきた。しかしそれは、電波の送受、という場面のほんの一部分に過ぎない。実際に電波を利用するには、アンテナの理論、伝播の理論、さらに受信装置の理論、送信装置の理論と、多くの知識の理解が必要である。 本書が目指したのは「専門家として持つべき基礎的素養」を網羅的に提供することである。目次第1章 無線通信の歴史第2章 いろいろな周波数帯とそれらの特徴第3章 電波の伝わり方第4章 変調と復調第5章 受信機に関する技術第6章 送信機に関する技術第7章 伝送線およびアンテナに関する知識第8章 将来の無線技術の発展方向について
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    WIRES(ワイヤーズ)とは、アマチュア無線での通話をインターネットを通じて伝送するネットワーク・システムです。たとえ144/430MHzのハンディ・トランシーバでもインターネットに接続したアクセス・ポイント(ノード)まで電波が届けば、さまざまな地域の局と交信できることから、日本はもちろん海外を含めた多くの局が利用しています。本書は、C4FMデジタルとFMモードに対応したWIRES-Xについて、ノードの使い方、交信方法、ノードの立ち上げ方や運用方法までしっかりと解説しています。本書を参考に全国・全世界規模のWIRESネットワークを利用して、ダイナミックな交信を楽しみませんか? そこで生まれる新たな交流は皆さんのハムライフをさらに充実したものへと導いてくれることでしょう。目次WIRESの世界へようこそ WIRESのしくみを知る アクセス・ポイント(ノード)検索も充実 デジタルならではの簡単操作 従来のFMトランシーバでもOK ! ノードの運用とアクセスに必要なアイテム ノード用機器の接続方法を見る WIRES-Xソフトウェア画面を見る ニュース・ステーションで楽しむ 楽しいWIRESコミュニケーション第1章 WIRES-X 入門 1-1 発展を続けるWIRES-X 1-2 WIRES-Xで交信するための基礎知識 1-3 WIRES-Xで交信してみよう  コラム1-1 DTMFとは?  コラム1-2 WIRES-XのC4FMノードを探す,もう一つの方法  コラム1-3 C4FM対応トランシーバのコールサイン登録  コラム1-4 位置情報の送信  コラム1-5 ALL JA CQ ROOMにおける「マナー」  コラム1-6 ローカル・ノードがすでにルームやノードに接続中の場合  コラム1-7 DSQやトーン・スケルチを使う理由  コラム1-8 お勧めルーム一覧  コラム1-9 WIRES-X ノード・アクセス Q & A  WIRESユーザーの声 (1)   非常時の通信手段としても期待されるWIRES  WIRESユーザーの声 (2)   初めての交信はワイヤーズでした第2章 デジタル・ノードを自由自在に操る 2-1 WIRES-Xデジタル・ノード 操作の基本 2-2 接続先の探し方いろいろ 2-3 知識も増やし,疑問を解決する方法  コラム2-1 ALL検索をアクセス履歴順にするワザ  コラム2-2 接続先のカテゴリを削除する  コラム2-3 WIRESオン・エア・ミーティング第3章 実際のオペレーション 3-1 WIRESを使った交信 3-2 デジタルならではの楽しみ 3-3 ニュース・ステーションを使おう 3-4 シンプレックスで楽しむ 3-5 WIRESとAPRSを楽しむ  コラム3-1 WIRES-Xでの交信例  コラム3-2 WIRES-Xを使った海外交信  コラム3-3 WIRESで交信したときのQSLカード  コラム3-4 ほかのノードやルームのニュース・ステーションを見る  コラム3-5 取り込んだデータを見る・整理する  WIRESユーザーの声 (3)   声なじみから顔なじみへ第4章 WIRES-Xノード構築ガイド 4-1 WIRES-Xノード運用の準備 4-2 ソフトウェアのセットアップから開局まで 4-3 WIRES-Xソフトウェアの操作とアレンジ 4-4 ノードの設定をアレンジする 4-5 ラウンドQSOルームを運用しよう  コラム4-1 ノード運用に使えるトランシーバ  コラム4-2 ノード運用にお勧めのアイテム  コラム4-3 ルータはNEC製の現行製品,UPnP機能対応がお勧め  コラム4-4 ノードは何台まで運用可能?  コラム4-5 ルームを動作させるときの環境  WIRESユーザーの声 (4)   ツーリング&アイボールが楽しめるWIRESライダーズ・クラブ第5章 ノードの運用と管理 5-1 日々の運用 5-2 ノードの運用周波数 5-3 ノードとルームの管理  コラム5-1 都市部のノードは狭域ノードが多い?  コラム5-2 自分のノードをアクセスする話  コラム5-3 WIRESのオート・スタート機能  WIRESユーザーの声 (5)   テーマはEnjoy VoIP第6章 資料編 6-1 コールサインの前に付けるSSコード 6-2 機種別ノード・アクセス操作早見表 6-3 機種別APRS設定ガイド 6-4 ファームウェア・アップデート・ガイド  コラム6-1 FT-991/M/Sのファーム・アップのポイント  コラム6-2 FTM-400Dのファーム・アップのポイント  コラム6-3 FT1Dのファーム・アップのポイント 本書の内容は,以下を元に加筆・再構成したものです.  ・「WiRESパーフェクト・ガイド」(CQ ham radio 2007年5月号 別冊付録)  ・「WiRES-IIパーフェクト・ガイド」(CQ ham radio 2010年4月号 別冊付録)
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    「アパマン」という愛称で親しまれている都市型集合住宅。アパマン・ハムとはアパートやマンションでアマチュア無線(ハム)を楽しむ人たちの総称です。本書には、アパマン環境でアマチュア無線を始めたい方、再開したい方に役立つ内容が盛りだくさん。まずは、現役アパマン・ハムのようすを紹介。続いて、各アマチュア・バンドの特徴、現代の無線機器、アンテナの設置方法へと続きます。後半は、アンテナ・チューナの原理と活用、テレビ放送のデジタル化やインターネットの普及で変化した環境下での電波障害対策。貸主や管理組合とのアンテナ設置協議に必要な基礎知識など、現代のアパマン・ハムが遭遇しがちな悩みを解決するヒントも得られます。アパマン・ハムに必要な知識をしっかりと網羅した一冊です。目次私のアパマン・ハム・ライフその1 アパマン・ハムでもここまでできる!その2 アパマン・ハムでも十分にDXを楽しめる!その3 アマチュア無線の進化を実感第1章 アパマン・ハムを始めよう1-1 アパマン・ハムと現代のアマチュア無線事情1-2 HF運用の勧め1-3 アパマン・ハムの無線機選び【HF/50MHz編】1-4 V/UHFで気軽に楽しむ1-5 アパマン・ハムの無線機選び【V/UHF編】第2章 アパマン・ハムのアンテナと施工例2-1 HF/50MHz アンテナ・スタイル2-2 HF/50MHzの高周波グラウンドの話2-3 HF/50MHzアンテナ施工例2-4 V/UHFアンテナ・スタイル2-5 V/UHFアンテナ施工例2-6 施工上のポイント【共通事項】第3章 チューナの活用3-1 チューナは積極的に使おう3-2 SWR が高いと,なぜ困る?3-3 チューナの分類3-4 屋外設置型ATUの使い方第4章 電波障害の予防と対策4-1 電波障害とは何か4-2 電波障害の具体例4-3 電波障害の予防対策4-4 電波障害が発生した場合の対策4-5 アマチュア無線側が影響を受けた場合第5章 アンテナ設置の許可5-1 分譲マンションへのアンテナ設置5-2 賃貸アパマンへのアンテナ設置5-3 安全と安心のために
  • 1冊
    ¥1,429(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】 第1章 アパマン・ハムをスタートしよう 第2章 アンテナ選びのための市販HF帯用ベランダ・アンテナ一考 第3章 屋外型オートアンテナ・チューナーの基本的使い方とその応用 第4章 アパマン・ハムのための電波障害対策・その1(送信側対策編) 第5章 アパマン・ハムのための電波障害対策・その2(被害側対策編) 第6章 ハムが受けるノイズ対策 第7章 運用許可を取ろう 付章 技術ライブラリー 「うさぎ小屋」と揶揄される、日本の住宅事情の悪さ。いつかは、その問題自身が解決されることを祈りつつ…。しかし、そんなに待てない、今日からでもマンションやアパートからアマチュア無線がしたい…こう考える方は多いはずです。そんな切実な現代のハムの要望に応えるべく、本書は書かれました。 CQ ham radio誌で、「頑張れアパマン・ハム」「快適無線研究所」を担当してきた筆者が、永年の経験や読者の皆さんとの交流の中から得た知識をもとに、技術的、ソフト的に問題の所在と解決方法を提案していきます。またアパマン・ハムだけでなく、一般のアマチュア無線家の方にも、インターフェアの問題など興味深くお読みいただけると思います。
  • 1冊
    ¥1,200(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
  • 1冊
    ¥1,200(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    自動車の運転と同様に、無線局の運用には、法令の理解が欠かせません。そのためアマチュア局には、最新の「電波関係法令集」を備え付けておくことをお勧めします。すべての法令を網羅している電波法令集は、とてもぶ厚く、アマチュア局には関係ない部分も多くあります。「アマチュア局用電波法令抄録2015/2016年版」は、アマチュア局を運用するために必要な法令だけを,過不足なくまとめています。また、法令の前後の関係もよくわかるので、アマチュア無線技士国家試験を受験される方の参考書としても、必携の書といえるでしょう。目次電波法電波法施行令電波法関係手数料令電波法施行規則無線局(基幹放送局を除く。)の開設の根本的基準無線局免許手続規則無線従事者規則無線局運用規則無線設備規則特定無線設備の技術基準適合証明等に関する規則登録検査等事業者等規則電波法に規定する指定機関を指定する省令アマチユア局関係告示アマチユア局が動作することを許される周波数帯アマチュア局の無線設備の占有周波数帯幅の許容値簡易な免許手続を行うことのできる無線局許可を要しない工事設計の軽微な事項免許を要しない無線局の用途並びに電波の型式及び周波数工事設計書の記載の一部を省略することができる適合表示無線設備臨時に開設するアマチュア局の無線設備の操作を行う場合アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別免許人又は登録人以外の者が行う無線局の運用を、当該免許人がする無線局の運用とする場合アマチュア局において使用する電波の型式を表示する記号通信方法の特例アマチュア局の送信設備から発射される電波の特性周波数の測定を行うための装置時計、業務書類の省略等外国のアマチュア無線技士の資格、操作の範囲、操作を行おうとする場合の条件無線設備の設置場所の変更検査を受けることを要しないアマチユア局総務大臣又は総合通信局長が発給する証票の様式等アマチュア局に対する広報を送信する無線局の運用他国とのアマチュア通信を禁止又は制限している国電磁的方法により記録し、提出することができる書類等並びにその記録及び提出の方法電磁的方法により記録し、提出することができる書類等並びにその記録及び提出の方法無線設備の空中線電力の測定及び算出方法平成二十九年十一月三十日までに限り、無線局の免許等若しくは予備免許又は無線設備の工事設計の変更を許可をすることができる条件総務大臣が定める無線設備一〇kHzを超え一〇〇kHz以下の周波数における電波の強度の値及び人体が電波に不均一にばく露される場合の電波の強度の値無線設備から発射される電波の強度の算出方法及び測定方法■参考■ 国際電気通信連合憲章・無線通信規則(抜粋)
  • 1冊
    ¥1,800(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】 第1章 アマチュア無線の扉を開いてみよう 第2章 アマチュア無線のいろいろな楽しみ 第3章 アマチュア無線を始めるには 第4章 アマチュア無線の無線従事者免許を取るには 第5章 さあ、開局しよう! 第6章 交信してみよう! 第7章 免許を手にしてからの楽しみ方 第8章 活かそう! 法規と無線工学 第9章 歴史をたどるといろいろなことが見えてくる 本書はアマチュア無線をはじめようとする方にとっての入門書です。アマチュア無線の楽しみ方はもちろん、開局に必要な免許の取り方や、交信の方法を解説しています。 なお本書は、以前に刊行された「楽しみ広がるアマチュア無線」と「はじめてみようアマチュア無線」の2冊をベースとして、最近の流れに合わせた構成としてあります。
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    アマチュア無線の交信で交換するQSLカード。届いたQSLカードを一定の条件に沿って集め、その実績を賞状として表してくれるのがアワードです。本書では、アワードのさまざまな知識から申請方法、いろいろなテクニックなどをビギナーからエキスパートまで、幅広いレベルの層のアマチュア無線家に紹介します。さらに、国内発行アワードを中心に、JARL発行アワードからビギナー向けアワード、ぜひチャレンジしてもらいたいお勧めアワード、話題のアワード、一生かけて楽しめる壮大なアワードなど、数々のアワードのルールを満載しています。アワードを通して、アマチュア無線の楽しさや魅力を広くお伝えします。目次お勧めアワード100+α カラー版はじめに本書について第1章 注目のアワード紹介1-1 注目のアワード紹介注目のアワード 1 道の駅アワード注目のアワード 2 湯けむりアワード注目のアワード 3 湖沼賞/PSCW1-2 長期にわたって取り組めるアワード長期にわたって取り組めるアワード 1 AJA(All Japan Award)長期にわたって取り組めるアワード 2 JAIAクラブアワード(JCA)長期にわたって取り組めるアワード 3 WASA HF(Worked All Squares Award HF)長期にわたって取り組めるアワード 4 一万局よみうりアワードコラム 1 グリッド・ロケーターとは第2章 アワードを完成させるためのアプローチ2-1 アワードの成り立ちとその種類2-2 アクティブ・アワードハンターからのワンポイント・アドバイス2-3 アワード完成へのアプローチ2-4 アワード・マネージャーのお仕事第3章 完成を目指したいアワード一覧3-1 JARLアワード委員会によるJARL発行アワードの解説3-2 最初に完成を目指したいアワード BEST303-3 お勧めアワード100+αコラム 2 JARLアワードの電子申請コラム 3 電子QSLカード・システム eQSLのススメ第4章 アワードハントのための基礎知識4-1 アワードハントとQSLカード4-2 アワードの申請手順コラム 4 ハムログでQSLカードを印刷するときに,希望の文字列を入れたい!付録 アワードに使えるハムログ検索技掲載アワード一覧索引著者プロフィール
  • 1冊
    ¥2,200(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    基本的なアマチュア無線の楽しみ方をマスターしたので、さらなるアマチュア無線の楽しさを覚えたいというハムに向けて、本書をお届けします。憧れの海外交信(DX)、モールス通信(CW)、ハンディ機で世界中と交信(D-STAR、WIRES)、PCを使った文字通信(デジタルモード)など、アマチュア無線の世界が大きく広がるジャンルやモードを紹介します。新たなことへのチャレンジで、開局した頃のワクワク感を再び体験できるでしょう。目次Chapter 01 DX初心者に贈る  HF帯海外交信ガイド1-1 はじめに HF帯で海外局と交信する楽しさ1-2 海外交信を楽しむためのアンテナ選び1-3 HF帯の無線機選び1-4 知っておきたい電波伝搬の基本1-5 知っておきたいルールと豆知識1-6 バンド別 電波伝搬の特徴とバンド内の運用状況1-7 交信スタイル集1-8 運用情報を得る DXクラスターの話など1-9 QSLカードの交換1-10 一度は行ってみたい DXバケーション1-11 HF帯の奥深さを実感してくださいColumn 01 ○○mバンドと○○MHz帯Column 02 HFローバンドとHFハイバンドの境Column 03 QSLマネージャー泣かせの封筒とはColumn 04 フォネティック・コードの発音Chapter 02 「・」と「‐」でコミュニケーション  アマチュア無線の世界が広がるモールス通信2-1 モールス通信を始めるにあたって2-2 モールス通信の魅力2-3 モールス通信を楽しむために必要なもの2-4 モールス符号の覚え方/練習方法2-5 モールス符号とQ符号,略語,RSTレポート2-6 まず聞いてみよう CWモードで運用が行われている周波数2-7 はじめての交信2-8 シチュエーション別交信例2-9 交信時に押さえておきたいポイント2-10 モールス通信を楽しみましょうColumn 05 パドルは左右どちらの手で操作するのがいいかChapter 03 ハンディ機で日本中とつながる  D-STARで交信しよう!3-1 D-STARのしくみ3-2 D-STARレピータ・システム3-3 D-STARに使われる用語3-4 D-STARで電波を出すための準備3-5 交信してみましょう3-6 D-STAR運用を楽しむためのコツと注意点3-7 いろいろなD-STARを体験して楽しみましょうColumn 06 郵送でJARL管理サーバに登録する方法Column 07 無線機のMYに自局のコールサインを設定するColumn 08 D-STARの交信でのQSLカードの書き方Column 09 国内各地にあるDVモードD-STARレピータ一覧Chapter 04 インターネットを利用してV/UHF帯で遠距離と交信しよう  はじめてのWIRES運用4-1 WIRESとは4-2 ノード局を探す4-3 WIRESで交信しよう4-4 よくある質問4-5 WIRESを楽しみましょうColumn 10 トーンスケルチについてColumn 11 近くにノード局がなかったら自分で開設できるChapter 05 PCと無線機を接続する  デジタルモード用インターフェース5-1 インターフェースの基本5-2 インターフェースの入出力接続例5-3 市販されているインターフェースの接続手順5-4 デジタルモードの交信を楽しみましょうChapter 06 文字を使って交信するデジタルモード  「RTTY」の運用6-1 RTTYとは6-2 「MMTTY」のインストールと起動6-3 「MMTTY」のメインウィンドウの説明と基本設定6-4 「MMTTY」で「RTTY」を運用する際の操作6-5 「RTTY」における交信例6-6 「RTTY」の「FSK」と「AFSK」の違いについて6-7 USB接続インターフェースにおけるFSK6-8 RTTYの運用に挑戦してみてくださいChapter 07 小規模な設備でも遠距離交信が楽しめる  「PSK31」の運用7-1 PSK31とは7-2 「MMVARI」のインストールと起動7-3 「MMVARI」のメインウィンドウの説明と基本設定7-4 「MMVARI」の操作7-5 「PSK31」における交信例7-6 「PSK31」に挑戦してみましょう
  • 1冊
    ¥2,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    押入れの中から見つけた古いリグ。懐かしさもあって、電源をON。あれ?動かない、ということがしばしばあります。ネットオークションの浸透により、昔のアマチュア無線機を入手することはそれほど困難ではなくなりました。学生時代には到底買い求めることのできなかった、当時の最高級機種を手にすることができるようにもなりました。しかし、いざ届いてみると相当なメインテナンスを必要とするものだった、などなど、頭を抱えることが多いのも事実です。せっかく見つけ出した思い出の1台ですから、外観も少しでも綺麗にして、なんとか往時の活躍する姿に戻したい。誰でもがそのように思うことでしょう。本書は、いわゆる普通のハムがそれらの少し古いリグを動かそうと悪戦苦闘した記録です。今回はTRIO・KENWOODとDRAKEの2社のトランシーバ、送信機、受信機でまとめています。お手持ちの機種と合致しないこともあるかもしれませんが、メインテナンスのヒントや応用にも、大いにご活用いただけることでしょう。時には失敗もありますが、数十年前のリグが命を吹き返したときの嬉しさはひとしおです。これを機会に、お手元にある眠ったままのアマチュア無線機に手を入れてみませんか?目次TRIO HF機01 9R59D故障原因はメカニカル・フィルタ改造と調整感度不足を感じるときColumn 作っておくと便利な測定ケーブル02 TS-511DNTS-511をよみがえらせるTS-511の部品は今でも入手できるのか故障部分の検証TS-511の故障への対策100W機のトラブル事例ほかの人の情報を入手して検討・対処しようColumn TS-510のプチ修理03 R-599S/T-599ST-599のレストアR-599のレストア調整手順Column レストアに役立つケミカル製品04 TS-311TS-311の概要メインテナンスそのほかのメインテナンス事項使用感Column 古いリグへの対処あれこれ05 TS-520リグ入手に際して必要な工具などメインテナンスの事例性能を戻すために調整しよう予防的措置さらに病は高じて06 TS-660TS-660の概要メインテナンス総合調整使用感07 TS-670分解清掃復活のための調整FILTER部受信部送信部そのほかの改良さいごに08 TS-830S3種類のエンブレムK4EAAのキットを活用半導体の交換故障の事例総合調整モニタレベル調整WARCバンドの送信CWフィルタのスカート特性の切り替え方法KB-1 MAIN KNOBキットCWキーヤの選択使用感09 TS-120VTS-120の概要メインテナンス調整使用感Column 調整棒と六角棒レンチを揃えよう10 TS-130SETS-120とTS-130の主な違いメインテナンス総合調整WARCバンド対応周辺機器について使用感TRIO 50MHz機01 TR-1000TR-1000の概要分解方法と基本チェック修理のポイント調整方法02 TR-1200TR-1200の概要メインテナンス調整電池ケース使用感03 TR-1300TR-1300の概要メインテナンス作業周辺機器使用感Column 無線機メインテナンスの小道具04 TS-600TS-600の生い立ちと回路,周波数構成分解と清掃各部の調整過去に経験した故障事例TRIO V/UHF機01 TS-700GII/TS-700STS-700の生い立ち周波数の構成分解と清掃各部の調整故障事例02 TS-711周波数の構成分解と清掃各部の調整過去に経験した故障事例03 TS-780分解と清掃各部の調整故障事例04 TR-9000G 144MHz/TR-9300 50MHz分解清掃復活のための調整これまでに経験した修理事例いろいろな改良など番外修理編DRAKE01 R-4C伝説のDRAKE R-4CとボクR-4Cの伝説はIMD特性だった到着したR-4Cを確認するまずはオリジナルに近い状態で動作させるR-4Cの調整Sherwoodmods.でパワーアップ伝説は本当だったさらなる使いやすさを求めて02 T-4XC調整の前にレストアを調整03 TR-7革新的だったTR-7TR-7の分解のしかた不具合の傾向とメインテナンス法TR-7の調整送信・受信バンドの拡張 ?AUX-7とRRM7/RTM7を使う?TR-7を楽しもう
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    アマチュア無線の交信で行う競技である「コンテスト」。限られた時間内に数多くの局と交信し、ルールに沿った条件の局といかにたくさん交信するかで得点を競い合います。その交信は、極力無駄を排したシンプルかつ必要十分な内容で、スピーディーに進められます。コンテストに勝つためには交信技術、無線設備、電波伝搬の知識そして長時間休みなく運用できる体力が、高い次元で求められます。それゆえ、優勝したときは何事にも変えられない大きな喜びを感じられるものです。その一方、競技ではありながら勝利だけを求めず、さまざまな目的を持つ参加者もいます。本書では、これからコンテストに参加してみたいというビギナーから、スキルアップを目指したいという中級者を中心に、コンテストの知識や運用テクニック、そのほか役立つ情報をお届けします。アマチュア無線のさまざまな技術のレベルアップが図れ、すれ違いのようなほんの短い交信でも多くの出会いがそこにはある。そんなコンテストの世界を本書を通してぜひお楽しみください。目次第1章 さまざまなコンテストの楽しみ方1-1 コンテストとは1-2 コンテストの仕組み1-3 アクティブ・コンテスターの声コラム1 国内コンテスト一覧第2章 コンテスト参加の流れ2-1 コンテスト参加のために必要なものとは2-2 規約はどこで調べれば良いのか2-3 規約は何を読めば良いのか2-4 参加部門や種目はどうやって決める?!2-5 コンテストに参加する2-6 コンテストが終わったら2-7 コンテストに参加しましょうコラム2 JARL4大コンテストとQSOパーティ参加局の推移第3章 コンテストのオペレーション・テクニック3-1 スマートなオペレーション方法3-2 ログの取り方3-3 ちょっとしたテクニック3-4 移動運用でコンテスト3-5 ローカル・コンテストの魅力3-6 Morse Runnerで鍛えよう!3-7 気軽に参加しましょうコラム3 E-LOG MAKER第4章 コンテスト用ロギング・ソフトウェア「CTESTWIN」4-1 CTESTWINの主な機能4-2 パソコンの条件4-3 CTESTWINのインストール4-4 コンテスト開始前の設定4-5 コンテスト参加中の操作4-6 オフライン入力4-7 CW自動送信機能4-8 ボイス・メモリ(音声CQマシン)機能4-9 便利な運用方法4-10 電子ログの送り方4-11 トランシーバとパソコンの接続(リグ・コントロール)4-12 Telnetサーバとの連携4-13 音声メモ,録音機能4-14 ほかのロギング・ソフトへのデータ移行方法4-15 Turbo HAMLOGからCTESTWINへデータをインポート4-16 困ったときの操作第5章 JARL主催コンテスト解説5-1 JARL Web コンテストのページ5-2 コンテストの種類5-3 QSOパーティと国内コンテストの紹介5-4 コンテスト参加にあたっての注意点5-5 電子ログの作成方法5-6 審査方法の概要5-7 ログチェックレポート5-8 JARL主催コンテストQ&A5-9 コンテスト後のお楽しみコラム4 コンテスト関連の専門用語・略語第6章 コンテストに勝てるアンテナ製作集6-1 ヤフオクで材料調達 SWR計だけで作る1.9/3.5MHz帯用ローディング・ダブレット6-2 7MHz用フルサイズ変形2エレメントMoxon6-3 21~28MHz対応 シングルバンド・デルタループ・アンテナ第7章 コンテスト用6交信データQSLカードをTurbo HAMLOGで印刷する7-1 1枚に6交信のデータを記載できるQSLカード7-2 Turbo HAMLOGのQSLカード印刷定義ファイル7-3 QSLカードの印刷7-4 複数交信データを1枚のQSLカードに
  • 1冊
    ¥2,200(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    アマチュア無線という趣味は、とても幅広い実験が許されています。その中でも、自作アンテナの分野は、限りない可能性を秘めているといえるのではないでしょうか。製作する人、ひとりひとりのアマチュア無線家の皆さんの工夫やアイデアが素晴らしい性能のアンテナを生み出しています。本書は、アマチュア無線専門月刊誌『CQ ham radio』に掲載されたアンテナ製作記事のうち、HF/50MHzのものをアンテナ型式ごとに分類してまとめたものです。アンテナ型式ごとに1章から4章までまとめています。今日では全国各地にホームセンターが軒を並べ、1990年代には個人が1個単位で買い求めることは不可能であった素材や部品なども販売されており、アンテナの自作は、はるかに容易な時代になっています。素材、組み立てに応用できる部品があふれている現在の環境を大いに利用して、もっとたくさんの人にアマチュア無線用アンテナを作ってもらうことを目指して本書を上梓します。さぁ、工夫しながら楽しんでアンテナを作りましょう。目次1章 ダイポール系アンテナ編7MHzバンドのアンテナを考える1-1 基本はダイポール・アンテナワイヤで簡単に作れる1-2 21MHz用ダイポール・アンテナの実験コンパクトな仕上がり1-3 7MHz用ダイポール・アンテナの製作HF(10~28MHz)用1-4 コンパクト・ダイポール・アンテナ市販モービル・ホイップを活用 3.5~144MHz対応1-5 アパマン用V型ダイポールの実験チューナ内蔵1-6 7~28MHzコンパクトV型ダイポール超短縮全長3m1-7 21MHz短縮ダイポール・アンテナを作ってみようロッド・アンテナ+マッチング回路1-8 21MHz短縮ロータリ・ダイポール・アンテナ移動運用のための1-9 50MHzダイポール・アンテナローバンドにチャレンジ1-10 1.9MHzウルトラ短縮アンテナエレメントのたわみ軽減に挑戦1-11 7MHzフルサイズ・ロータリ・ダイポール2章 ループ系アンテナ編アンテナ・チューナをうまく活用して2-1 21MHz ループ・アンテナTVアンテナのステー線を利用2-2 21MHz 1λループ・アンテナ安価に作れてよく飛ぶ2-3 21MHzクワガタ・アンテナの製作50MHz用2-4 3A(スリー・アロー)デルタ・アンテナの製作簡単アンテナ製作ヘンテナを作ってみよう2-5 29MHzワイヤ型ヘンテナホームセンターの材料だけで作った2-6 50MHz用ヘンテナ回転半径わずか1.4mでも飛びは本格的2-7 21MHz 2エレ・ヘンテナの製作アンテナ解析ソフトMMPC WINで設計ゲイン11dBを超えた2-8 50MHz 5エレ・ヘンテナの製作と実験組み立て簡単移動運用仕様2-9 14MHz 2エレ・デルタループの製作高ゲインを得られる2-10 50MHzデルタループ・アンテナ市販材料で作る2-11 50MHz 4エレメント・デルタループ・アンテナメーカー製改造2-12 3.5/3.8MHz短縮2エレ・クワッド水平偏波に応用2-13 50MHzスパイラル・リング・アンテナの製作3章 八木系アンテナ編釣竿+300ΩTVフィーダで作る3-1 軽量14MHz3エレZLスペシャル組み立て・解体がわずか3分3-2 21MHz2エレ八木 移動スペシャルロッド・アンテナ使用3-3 シンプル50MHz 2エレ八木山岳移動に便利3-4 50MHz 3エレHB9CV釣竿&コンピュータにより最適化3-5 18MHz広帯域50Ω直接給電八木アンテナの製作身近な材料で作るアンテナ3-6 FM放送用アンテナで作る50MHz八木アンテナ移動運用に最適3-7 50MHz 5エレメント八木アンテナの製作ColumnM型コネクタのはんだ付け[前編]4章 ユニークな形式のアンテナ編アンテナ・チューナ活用アパマン・アンテナ4-1 7MHzヘリカル・アンテナベランダ用4-2 7MHz短縮ホイップ・アンテナアストラルプレーン・アンテナ4-3 21MHzユニーク・アンテナアルミ・パイプとアルミ板で作る4-4 29MHzアストラルプレーン・アンテナ同軸ケーブルを利用した4-5 50MHzスリーブ・アンテナ雷なんかこわくない 打ち上げ角も小さなアンテナ4-6 10MHz用エンドフェッド8JKアンテナの製作実際の運用でも活躍中4-7 1.9/3.5MHz用短縮バーチカル・アンテナの製作ColumnM型コネクタのはんだ付け[後編]
  • 1冊
    ¥2,200(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    アンテナ・ハンドブック・シリーズの『アマチュア無線のアンテナを作る本[HF/50MHz 編]』に続いて、小型にアンテナが作れるVHF、UHFの周波数にスポットを当てた書籍です。本書は、アマチュア無線専門月刊誌『CQ ham radio』に掲載されたアンテナ製作記事のうち、V/UHF帯のものをアンテナ型式ごとに分類してまとめたものです。アンテナ型式ごとに1章から3章までまとめています。V/UHFアンテナ製作の楽しみは、小型に作れることから、家の中でも手軽に作り出すことが可能で、しかもアンテナとして実用になる優れた性能も発揮します。素材も身近なホームセンターで揃えることが可能で、今すぐにでも作ってみたくなる製作が凝縮されている書籍です。目次1章 ループ・アンテナ編ユニークな形のヘンテナ1-1 430MHz トライハット・ヘンテナ手軽に作れる無指向性アンテナ1-2 430MHz 1λ ターンスタイル・ヘンテナビール缶をエレメントに使った1-3 1200MHz 13エレ・ループ缶テナ移動先でのセッティングが短時間でOK1-4 430MHz 5エレ・ヘンテナとモービル用ポールの製作高利得,モービル移動運用に最適1-5 430MHz 1λ 13エレ・ヘンテナ園芸用の支柱を利用して作る1-6 430MHz 3エレ ループ・アンテナ簡単アンテナ製作 ヘンテナを作ってみよう1-7 435MHz 3エレメント・ヘンテナ手軽,組み立て簡単,ハンディ機でもこんなに飛ぶ1-8 1200MHz携帯用ヘンテナ2mのブーム上にデュアルバンド・アンテナを1-9 144/430MHz キュビカル・クワッドの製作アパマン・ハムにおすすめ1-10 144/1200MHz コンパクトなキュビカル・クワッドの製作2題2章 八木系アンテナ安く作れてコンパクトな仕上がり2-1 144MHz 3エレ同時励振アンテナの製作アンテナ・シミュレーション・ソフトウェアを活用2-2 144MHz YSIMで作った9エレ八木アンテナ屋外運用の組み立てを考慮した2-3 移動用144MHz 6エレメント八木アンテナの製作SSB運用周波数に重点を置いた2-4 430MHz 20エレ×4八木アンテナの製作移動運用を手軽にする2-5 430MHz 6エレ・ワンタッチ八木アンテナフローティング&サーフェース・タイプ2-6 430MHz 12エレ八木アンテナUHF帯TVアンテナを改造 ローコストで作れる2-7 430MHz TVアンテナ改造6エレ八木アンテナハンディ機運用に最適2-8 430MHz ロッドレス八木アンテナ軽量でコンパクト,設営も簡単2-9 430MHz 3エレ・ワイヤ八木の製作短時間で分解・組み立てができて移動に最適!2-10 430MHz 18エレメント八木アンテナの実験エクセルで簡単に寸法出し2-11 430MHz 4エレHB9CV気軽に作ろう2-12 机の上で作れる1200MHz 10エレF9FT上級者向け スタック化を考慮した2-13 1200MHz 19エレ八木アンテナの製作軽量・ハイゲイン仕様2-14 2400MHz 37エレメント八木アンテナ3章 ユニークな形式のアンテナ編移動運用に手軽に持ち歩け,設置も簡単で便利3-1 144MHz ツェップ・タイプ・アンテナの製作アルミ・パイプとアルミ板で作る自作アンテナ3-2 144MHz アストラルプレーン・アンテナの製作カメラの三脚に固定して使用する3-3 430MHz 反射板式アンテナの製作グラウンド・プレーン・アンテナで基礎を知る3-4 430MHz 1/4λGPアンテナの製作1,000円以下で作る3-5 430MHz ディスコーン・アンテナスタブ式コーリニア・アンテナをキャパシティブ・マッチで給電する3-6 430MHz 6段コーリニア・アンテナの実験むずかしいアンテナだと思っていませんか?3-7 430MHz ロンビック・アンテナの実験Phase3-D衛星Sバンド対応3-8 2400MHz 軸モード・ヘリカル・アンテナユニークな形をさらに追及した3-9 144/430MHz アストラルプレーン・アンテナステンレス棒をエレメントに使った3-10 144/430MHz ホイップ・アンテナを作る144/430MHz/1200MHz各バンド対応3-11 スパイラル・リング・アンテナの実験ズボラにはとても便利なアンテナ3-12 1200MHz~5.6GHz SHF用ディスコーン・アンテナの製作
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    ビーム・アンテナの歴史は古く、マルコーニの電波実験のわずか2年後に、2素子の配列アンテナが考案されています。しかし当時は長波を使う通信だったので、多素子のビーム・アンテナは、短波通信の時代になってから全盛を迎えます。世界的に有名なビーム・アンテナは、いうまでもなく八木・宇田アンテナで、YAGIといえばビーム・アンテナの代名詞になっているくらいです。ビーム・アンテナの進化は今も続いており、実は、広大な土地に設置できるプロ用よりも、限られた場所で最大の性能を発揮するように設計される、アマチュア無線用に、さまざまな技術がもりこまれているのです。もちろん本書は、これらの歴史的な経緯を詳しく解説していますが、特にハムならではのコンパクト・ビームにも多くのページを割いています。目次カラーでわかるビーム・アンテナの世界第1章 ビーム・アンテナの歴史1-1 ストーンの配列アンテナ1-2 ブラウンの傾斜アンテナ1-3 マルコーニのフラット・トップ・アンテナ1-4 ビバレージ・アンテナ1-5 マルコーニのビーム・アンテナ1-6 八木・宇田アンテナの登場第2章 アマチュアのビーム・アンテナ2-1 HF帯のYAGIアンテナ2-2 クワッド・アンテナ2-3 HB9CVアンテナ2-4 位相差給電アンテナ第3章 ビーム・アンテナの実際3-1 反射器付きアンテナ3-2 2エレメントの位相差給電3-3 2エレメントYAGI3-4 多エレメントのビーム・アンテナ3-5 アンテナの最適化にチャレンジ第4章 市販のビーム・アンテナ その1(フルサイズ編)4-1 YAGIアンテナ4-2 クワッド・アンテナ第5章 市販のビーム・アンテナ その2(コンパクト編)5-1 折り曲げビーム・アンテナ5-2 ツイギー・ビーム5-3 MOXONアンテナ5-4 マルチバンド・コンパクトYAGI5-5 Hybrid-Quadアンテナ5-6 D2T-Mアンテナ第6章 ビーム・アンテナのシミュレーション6-1 電磁界シミュレーションとは6-2 アンテナのシミュレーション法6-3 MMANAによるアンテナのシミュレーション第7章 ベランダのビーム・アンテナ7-1 ワイヤ・アンテナでビームを実現7-2 位相差給電アンテナを作ろう7-3 位相差給電UNEクワッド7-4 位相差給電MLAの実験市販アンテナのスペックの読み方
  • 1冊
    ¥2,200(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    本書では、アマチュア無線用アンテナをできるだけ簡単に設置する方法を紹介します。大掛かりな設備や高度な技術、高価で特別な機器は不要です。ハムショップや近隣のホームセンターで簡単に入手できる部材を利用して、アンテナを立ててみます。さらに、簡単にできるアンテナを製作して、お手軽な運用も楽しみます。電波の出入り口であるアンテナを、ご自身で構築する参考にしてみてください。目次Chapter 01 アンテナ設置実例集1-1 アパマン・ハムHF編ベランダ・アンテナの工夫1-2 HF~V/UHFでのマルチバンド運用編ベランダでのビーム・アンテナとHF用モービル・ホイップの設置1-3 移動運用編いろいろなシチュエーションの移動運用でアンテナを立てる1-4 海外から運用編DXバケーションでのアンテナChapte 02 自宅に設置するお手軽アンテナ2-1 V/UHF用アンテナの取り付けモービル・アンテナ用ベランダ取付金具を使ってアンテナを設置パイプ・ベランダ用アンテナ取付金具を使って小型GPを設置同軸ケーブルのつなぎ方2-2 HF固定局用アンテナの取り付けアンテナ取付金具の設置マルチバンドGPの設置V型ダイポールの設置2-3 オート・アンテナ・チューナを活用したロング・ワイヤ・アンテナATU+釣り竿を利用したロング・ワイヤ・アンテナを設置するAH-4汎用コントローラの製作2-4 ベランダにHF用モービル・ホイップを設置モービル・ホイップでHFにQRV2-5 多巻きスモール・ループ・アンテナの活用多巻きスモール・ループ・アンテナのマンション・ベランダへの設置2-6 隙間ケーブルの設置隙間ケーブルMGC50で信号を室内にChapter 03 移動運用でのアンテナ設置3-1 タイヤベースを使ったアンテナの設置タイヤベースの設置方法アンテナの取り付け常に状況を判断して3-2 ワイヤ・アンテナの設置逆Vダイポール・アンテナの製作と設置エンドフィード・アンテナの設置3-3 オート・アンテナ・チューナを使った移動運用アンテナの救世主,オート・アンテナ・チューナ3-4 グラスファイバ製釣り竿の利用1/4λフルサイズ・バーチカル・アンテナの製作と設置HF用ノンラジアル・ホイップ50MHz用ヘンテナの製作と設置3-5 カメラ用三脚の利用カウンターポイズを利用してHF用モービル・ホイップを設置するマストを取り付けて小型アンテナを設置する430MHz用4エレメント・ループ・アンテナの製作3-6 展望フロア移動のアンテナ展望フロアでの運用ハンディ機と付属ホイップ小型マグネット基台とホイップ・アンテナ小型三脚を使うウィンドウ・ガラス取り付け基台の利用430MHz用ヘンテナの製作と設置同軸ケーブル 10D-FBをマストにほかにもさまざまなアイデアで3-7 伸縮ポール用三脚を使ったアンテナ設置平らな地面に伸縮ポール用三脚を利用してアンテナを立てる3-8 ステーを張るときに役立つテクニックもやい結びコード・スライダーの使い方Columnアルミ合金製マストの製作Chapter 04 自動車に設置するお手軽アンテナ4-1 V/UHF用アンテナのお手軽設置マグネット基台とノンラジアル・アンテナ貼り付けアンテナの設置ハンディ機用小型マグネット・マウント・アンテナの活用モービル基台の取り付け4-2 HF用モービル・ホイップのお手軽設置モービル・ホイップ+マグネット基台+マグネットアース・シートでHF帯にQRVスクリュー・ドライバ・アンテナSD330の設置と活用Appendix 初めて使うSWR計SWR計は何をするもの??SWR計の使い方実際のアンテナを測ってみるアンテナを調整してみるシャックに1台備えておきましょう
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    釣り竿アンテナでHFオール・バンドに出てみたい! コンパクトな短縮型アンテナを活用したい、そんなときに頼りになるアンテナ・チューナ、その上手な活用方法、組み合わせるアンテナのノウハウが得られる一冊です。本書では、アンテナ・チューナを活用するにあたって必要な知識として、SWRとロスの関係、高周波アースについての考え方についても実験やシミュレーション結果を示しながら解説。ダイポール・アンテナをチューナと組んで多バンド化する方法も紹介しています。目次はじめに第1章 アンテナ・チューナの基礎知識1-1 アンテナ・チューナとは1-2 チューナの種類と特徴1-3 チューナとアンテナの組み合わせ1-4 電波障害の予防コラム1-1 同軸ケーブル接続用チューナにワイヤ・アンテナをつなぐコラム1-2 ATUの問題点コラム1-3 ?アパマン・ハム向き? 屋外型ATUの騒音対策コラム1-4 ループ・アンテナの意外なる躍進コラム1-5 短縮型マルチバンド・アンテナ VS ロング・ワイヤ・アンテナ第2章 よく飛ぶアンテナ・システムの構築2-1 よく飛ぶアンテナ作りのために2-2 アンテナの共振とマッチング2-3 アンテナのアースについて考える2-4 アンテナとゲインについて考える第3章 屋外型アンテナ・チューナの活用3-1 アンテナ・チューナの基礎知識3-2 屋外型チューナの特徴3-3 屋外型アンテナ・チューナ活用のポイント3-4 屋外型チューナと平衡型アンテナ3-5 電波障害の原因と対策アンテナ・チューナ紹介 CGアンテナ CG-3000第4章 屋内型アンテナ・チューナの活用4-1 屋内型アンテナ・チューナのいろいろ4-2 屋内型アンテナ・チューナ設置のツボ4-3 屋内型アンテナ・チューナの使い方4-4 チューナを使って,ベランダに設置したアンテナで運用するコラム4-1 SWRメータのワン・メータ VS クロス・メータコラム4-2 SWRを正確に測定するにはコラム4-3 MTUで素早くチューニングするコツコラム4-4 WARCバンド非対応チューナの場合コラム4-5 人工RFグラウンド装置アンテナ・チューナ紹介 エレクラフト KAT500第5章 資料編~アンテナ・チューナ一覧~5-1 屋外型オート・アンテナ・チューナ5-2 屋内型アンテナ・チューナ5-3 人工RFグラウンド5-4 V/UHF用のアンテナ・チューナコラム5-1 アンテナ用の竿コラム5-2 アンテナ・チューナを買うには?索引著者プロフィール
  • 1冊
    ¥3,200(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
  • 1冊
    ¥2,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】EchoLinkに魅せられたハム仲間 第1章 インターネット・ボイス無線EchoLinkとは? 第2章 パソコンでも交信が楽しめるEchoLink 第3章 トランシーバだけでEchoLinkに参加できる 第4章 インターネット接続の要所「ルータの設定」 第5章 EchoLinkのアクセスポイント「ノード」の構築と基本設定 第6章 ノード用トランシーバとインターフェース 第7章 超シンプル・インターフェースの製作 第8章 アクセスポイント「ノード」をさらに便利に活用する 第9章 EchoLink Proxyの立ち上げと設定 第10章 EchoLinkの会議室サーバ「thebridge」の開設と運用 第11章 EchoLink運用に役立つ周辺ソフト コードレス電話機をIP電話につないで通話するがごとく、無線機をインターネットに接続して通信するVoIP無線と呼ばれるシステムがあります。それは Skypeパソコンのヘッドセットを無線機に置き換えてワイヤレス化したようなものです。無線機を使うため専用ソフトが必要ですが、アマチュア無線用にフリーソフトとしてEchoLinkがあり、世界で十数万のユーザーに利用されています。このシステムを稼働した家から電波の届く範囲ではハンディ・トランシーバで手軽に世界と通信することができます。しかしソフトの解説は英語Webのため、日本語による「EchoLinkハンドブック」が望まれていました。そこで本書はそのニーズに応えてセッティングから応用までを詳細解説しました。
  • 1冊
    ¥2,200(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    アマチュア無線には特有の言葉や専門用語があり、ビギナー・ハムにとっては難しいものです。そこで、そんな悩みを解消するための一冊をお届けします。本書では、アマチュア無線を楽しむときに理解しておくと便利な基本的な用語を集めました。やさしい表現を心掛け、わかりやすさを最優先に解説しています。
  • 1冊
    ¥3,000(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    本書は、上級ハム資格を目指して勉強されているかた向けの“無線工学”の解説書です。弊社発行の『第1級ハム国家試験問題集』、『第2級ハム国家試験問題集』に対応しており、問題と解答だけではわかりにくい既出問題を解くのに必要な知識を、系統的にかつ、できる限りやさしくまとめています。目次本書の特長と使い方第1章電気物理1. 静電気の概要2. 静電容量とコンデンサ3. 磁気の概要4. 電気抵抗5. 導体,絶縁体,半導体,絶縁材料6. 電流の作る磁界7. 磁界中の電流に働く力8. ヒステリシス曲線9. 電磁誘導作用10. 電気の諸現象11. 電磁波12. 電気の単位第2章電気回路1. 直流回路2. 交流回路の基礎3. 交流回路4. 交流回路の電力5. 複素数による交流の表示6. 変圧器7. ひずみ波交流8. 過渡現象9. フィルタ回路第3章半導体素子,電子管1. 電子とその作用2. 半導体3. ダイオード4. バイポーラトランジスタ5. 電界効果トランジスタ6. 集積回路7. ブラウン管第4章電子回路1. 増幅回路2. 発振回路3. 変調回路4. 復調回路5. 周波数変換6. 波形整形回路7. 論理回路第5章通信方式1. DSB通信方式2. SSB通信方式3. FM通信方式4. モールス無線電信通信5. 衛星通信6. PCM通信方式第6章送信機1. AM送信機2. SSB送信機3. FM送信機4. AM電信送信機5. 送信機のスプリアス発射6. 送信機の送信周波数を安定させる方法第7章受信機1. 受信機の総合特性2. AM受信機3. SSB受信機4. FM受信機5. 単一調整6. 混信妨害第8章電波障害第9章電源1. 直流電源回路の構成2. 整流回路3. 平滑回路4. 電源回路の特性5. 電池6. 電力変換装置7. 定電圧回路8. 電源回路の異常現象第10章アンテナ及び給電線1. 電波2. 進行波,定在波3. アンテナの共振,固有波長4. 延長コイル,短縮コンデンサ5. アンテナの実効抵抗,放射効率,接地方法6. アンテナの放射電界強度7. アンテナの指向性,利得8. 受信アンテナの誘起電圧9. 代表的なアンテナ10. 給電線11. 給電線とアンテナとの整合第11章電波伝搬1. 電波の伝わり方2. 電離層3. 電離層での電波の屈折,反射,減衰4. 電離層の臨界周波数5. 電離層伝搬6. 超短波帯以上の電波の伝搬7. 電波のドプラ効果8. 電波雑音9. 電波の強度に対する安全施設及び電波の強度の算出方法第12章測定1. 指示計器の誤差2. 指示電気計器3. 倍率器,分流器4. 電池の内部抵抗の測定5. 測定器6. オシロスコープ7. スペクトルアナライザ8. 接地板の接地抵抗の測定9. SSB送信機の出力電力の測定付録
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】 第1章 放送受信の世界…BCL入門 第2章 中波放送を聴いてみよう 第3章 遠い国からの放送を聴いてみよう! 第4章 放送受信の歴史とこれから 第5章 短波ラジオを手に入れよう 第6章 放送局受信資料 短波放送受信を主体としたBCL(BroadCast Listening)ブームをご存じの方も多いのではないでしょうか。衛星放送やインターネットの普及に伴い、短波放送もかつての情報伝達手段の花形ではなくなりましたが、逆に今日では有線、衛星放送などが寸断された場合の最後の情報伝達手段として注目されています。 本書では、中波放送、短波放送の特性とその受信方法、購入できるラジオ、受信機などBCLに関する基礎的な事柄についてまとめ、電波による放送の受信の仕方を具体的な放送局名を挙げながら解説しています。
  • 1冊
    ¥2,000(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】  第1章 電波とはどんなものか  第2章 半波長ダイポールの基礎  第3章 ローバンドのアンテナ  第4章 V/UHFまでのアンテナ  第5章 給電線の基本的な性質  第6章 給電線関連の技術  第7章 アンテナ系の測定と調整  第8章 SWRの測定と整備  第9章 アンテナ系をささえる機材や部品  第10章 電界強度と電波障害  第11章 スミス・チャート  本書は技術解説書ですが、アンテナ技術を基礎から学びたいというアマチュア無線家の皆さんを対象に、電波とアンテナのふるまいを、やさしい切り口で解説しています。電波の出入り口となるアンテナの働きを学び、ハムライフの楽しみを広げてみませんか。  なお、本書は月刊「CQ ham radio」誌の2005年10月号~2006年9月号まで連載された「解説・電波とアンテナ」をまとめ、加筆・修正を行ったものです。
  • 1冊
    ¥2,000(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】 第1章 電気物理 第2章 電気回路(直流回路、過渡現象、交流回路) 第3章 半導体および電子回路 第4章 送信機・受信機 第5章 電源 第6章 アンテナ・給電線 第7章 電波の伝わり方 第8章 測定 無線工学公式集 現在、アマチュア無線技士の無線従事者資格を持っている人は300万人を超えています。そのうち4アマの資格が約92%、3アマが約5%、2アマが約 2%、1アマは1%以下です。上級の資格取得者が少ないことにはいろいろな理由がありますが、一つは電気通信術(モールス符号の受信)がなかなか上達しないこと、もう一つは無線工学の問題が難しいことが挙げられます。 そこで、本書では理解度を深めるために計算方法の基礎的なことから記述し、国家試験の計算問題を解くために必要な知識を効率よく学習できるようにまとめました。したがって、本書で学習すれば計算問題は必ず攻略できるはずです。 問題の解説は、読むだけで分かるように計算の過程を丁寧に記述し、また必要な数学の公式などの知識もあわせて記述してあります。本文中の「1アマ」、「2アマ」の表示はそれぞれの国家試験に出題された問題であることを示します。さらに巻末の公式集は、国家試験問題を解くために必要な公式をまとめて記載してあります。
  • 1冊
    ¥1,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】 巻の一 コミュニティFM開局奮闘記 巻の二 番組制作に参加してみよう 巻の三 番組の作り手からのアドバイス 巻の四 激論 作り手 vs 聞き手 徹底討論 巻の五 キミ向きのコミュニティFM仕事はこれだ 巻の六 FM電波についてちょこっとおベンキョしておこう 巻の七 コミュニティFM局を作るには 巻の八 コミュニティFM豆知識 電波の世界に興味を持った人がだれでも思い描くのは、自分で放送局を持つことではないでしょうか。 本書は、街の小さな放送局「コミュニティFM」局にスポットをあて、放送局の開設から放送制作現場取材、放送設備の紹介などを通じてコミュニティFM放送局のすべてを紹介しつつ、放送局のお仕事について誌上体験をできるようになっています。ミニFM開設では物足りないアナタ、本書でホンモノの放送局運営に触れて、実感してください。
  • 1冊
    ¥1,000(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】第1章 ハムとの出会い第2章 ハムになるには第3章 無線工学なんてこわくない第4章 送信機と受信機第5章 電波の伝わりかたと空中線第6章 基礎知識と測定第7章 電波法規 20版と版を重ねたベストセラーの、漫画で解説する4アマ受験問題集が、最近の出題傾向に合わせて全面リニューアルして再登場します。 いかに受験勉強とはいえ、日頃なじみのない無線工学や電波法規と聞くと、誰しも敷居が高く感じるものです。本書は、この難しそうな受験科目を漫画で易しく解説しています。解りにくい用語もふりがな付きで、小中学生だけでなく、漢字は解るが読み方が解らないという大人にも違和感なく読めるように編集しています。
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    アンテナは電気を空間へ旅立たせることができます。また、空間を行き交う電波を引き込むこともできるふしぎな装置です。電気と電波の変換器ともいえますが、広い空間にあるほど性能を発揮してくれます。ところが、近年の住環境ではアンテナのまわりに障害物が多く、中でもアパマン・ハムの設置環境は最悪でしょう。携帯電話も例外ではなく、ホイップ・アンテナは内蔵され、基板の金属や配線ケーブルが接近した最悪の住環境(hi)で仕事を強いられています。アンテナは、電波が飛び交う電磁環境の中で共存をめざすというEMC(電磁両立性)の代表格ですが、筆者らのアパマン・ハム歴40年は、最初から設置環境との戦いでした。既刊の「入門編」ではコンパクト・アンテナの原理を徹底的に解剖しましたが、本書はその「応用編」として、周囲の電磁環境も巻き込んだ究極のコンパクト・アンテナに至りました。読者のみなさまが「なんとか電波を出すか」から「なんだ電波が出るぞ」にいたるまで、ていねいにお手伝いいたします。目次カラーでわかるコンパクト・アンテナの世界第1章 アンテナの分類1-1 接地型アンテナとは1-2 非接地型アンテナとは1-3 開口面アンテナとはQ&A 携帯電話やスマホのニーズがコンパクト・アンテナを変える?第2章 電界型のコンパクト・アンテナ2-1 そもそも電界とは?2-2 電界を検出する2-3 電界型アンテナのコンパクト化Q&A 「雪博士」中谷宇吉郎先生の解説第3章 磁界型のコンパクト・アンテナ3-1 そもそも磁界とは?3-2 磁界を検出する3-3 微小ループ・アンテナの実験3-4 微小ループ・アンテナへの期待Q&A 森羅万象は共振している?第4章 進行波アンテナは小さくなるのか?4-1 進行波とは?4-2 定在波とは?4-3 UWB(超広帯域)アンテナの進行波4-4 進行波アンテナのコンパクト化Q&A 真の進行波アンテナは作れない?第5章 ちょっと変わったコンパクト・アンテナ5-1 ヘリカル・アンテナ5-2 Σビーム・アンテナ5-3 HENTENNA(ヘンテナ)5-4 スローパー・アンテナ5-5 同軸ケーブル・アンテナ5-6 コンパクト・アンテナの広帯域化Q&A 同軸ケーブルの基本第6章 アンテナ・システムの測定法6-1 給電線路の基本6-2 スミスチャート入門6-3 インピーダンスの測定6-4 給電整合Q&A なぜπが出てくるのか?第7章 アンテナのシミュレーション ─ 活用のポイント7-1 シミュレーションは役に立つのか7-2 建物を含んだシミュレーション7-3 シミュレーションの種類7-4 ツールの効用 ― 思い込みを正すQ&A 変わったアンテナの特許にご用心
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    アンテナは電気と電波の仲立ちをする最も重要な装置です。しかしひとたび調整が済めば、日々のQSOではその存在すら忘れてしまうほどです。筆者らは開局以来ベランダ・アンテナで何とかHF帯にQRVしようと試行錯誤を重ねているアパマン・ハムですが、設置環境の制約があるからこそ、アンテナ技術をしっかり学ぶ必要があると痛感しています。本書は、アンテナの元祖「ヘルツ・ダイポール」がコンパクト・アンテナであることを気づくところから旅立ちます。その後、多くのプロ・アマ諸氏が数え切れないアンテナを発明してきましたが、それらのノウハウをきちんと学ぶことは、あらたなアイデアのひらめきには大変重要です。そこで本書は「入門編」としてコンパクト・アンテナの原理を徹底的に解剖していますが、読者のみなさまが筆者らと同じ境遇の悩みを一つでも多く解決できるよう、40年にわたる実運用で成果をあげた事例も多く解説しています。目次カラーでわかるコンパクト・アンテナの世界第1章 コンパクト・アンテナの歴史1-1 アンテナの元祖は「コンパクト」だった?1-2 巨大すぎた(?)アンテナ1-3 それは接地型アンテナから始まった1-4 短波の夜明けとコンパクト・アンテナQ&A ハリガネから電波が出る?第2章 フルサイズとコンパクトの違い2-1 共振型アンテナの元祖とは?2-2 なぜ半波長なのか?2-3 コンパクト化で何が変わるのか?2-4 コンパクト化のアイデア集Q&A 整合回路の設計第3章 フルサイズの性能限界3-1 1W入力で何W放射できるのか?3-2 ダイポール・アンテナの性能限界3-3 八木アンテナの性能限界3-4 等方性(アイソトロピック)放射は可能か?Q&A 電磁界シミュレータは役に立つのか?第4章 コンパクト・アンテナの性能限界4-1 微小ダイポール・アンテナの特性4-2 微小ループ・アンテナの特性4-3 ローディング・コイルとは?4-4 キャパシティ・ハットとは?Q&A 微小アンテナの実効面積は小さいのか?第5章 バンド別コンパクト・アンテナのいろいろ5-1 長・中波のコンパクト・アンテナ5-2 短波帯のコンパクト・アンテナ5-3 超・極超短波帯のコンパクト・アンテナ5-4 マイクロ波帯のコンパクト・アンテナQ&A モービル・ホイップと車体の影響第6章 アパマン・ハムとコンパクト・アンテナ6-1 「ロー・プロファイル」アンテナとは?6-2 地表波の電波伝搬6-3 住宅街の障害物Q&A 周囲の金属の影響第7章 ベランダ・アンテナの実際7-1 モービル・アンテナを活用する7-2 ダイポール vs モノポール7-3 ラジアル・ワイヤの活用術7-4 同軸ケーブル vs はしごフィーダQ&A 定在波とは?第8章 メーカー製アンテナのスペック8-1 利得とは8-2 放射効率とは8-3 帯域幅とは
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    最近の無線局運用では、従来の無線機や周辺機器の操作に加え、PCの操作も必須となっています。このような背景を踏まえ、本書では無線機とPCの共存を意識しながら、機能的なシャック構築を行うためのノウハウをステップごとにわかりやすく解説してあります。また、整然としたセンスの良いシャック構築のポイントについても、写真やイラストを多用することで簡単に理解できるような構成にしてあります。本書で紹介しているノウハウやアイデアは、筆者が再開局を果たして以来、約4年間にわたって試行錯誤を繰り返すことで生まれたものであるため、極めて実践的で、かゆいところに手が届くような内容となっています。それだけに、これから新たにシャック構築をする方やリニューアルを考えている方にとっては、何らかのヒントになること請け合いです。本書を参考にしながら、ご自分の環境に合ったベストなシャック構築して新たな一歩を踏み出しましょう。目次機能的シャック・スタイル集Shack1 JA1PFP 吉田さんのシャックShack2 JH1OXX 雨宮さんのシャックShack3 JA8EIU 本田さんのシャックShack4 K4SWJ McDowellさんのシャックShack5 PY4BZ Laguardiaさんのシャック第1章 シャック構築前の青写真1-1 機能的で美しいシャックのすすめ1-2 無線機とPCはセットで考える1-3 スペースや配置の確認コラム(1) AB1OC Kemmererさんの青写真コラム(2) JF1KMC 貝塚さんの青写真第2章 運用スタイル別の物理的要件2-1 V/UHF中心の運用スタイル2-2 HF中心の運用スタイル2-3 HF~UHFまでカバーする運用スタイルコラム(3) HFコンパクト運用スタイルにピッタリのアイコム IC-7300コラム(4) Shack6 JI1DLD 筆者のシャック第3章 シャックの基本設計3-1 設計前の確認事項3-2 実際のシミュレーションコラム(5) 背面アクセスの配置は,こんなに便利!コラム(6) Shack7 VK6IA Albinsonさんのシャック第4章 エクイップメント選びと入手方法4-1 デスク編4-2 チェア編4-3 PC編4-4 周辺機器編コラム(7) 周辺機器の入手方法第5章 インフラ関係の構築5-1 同軸ケーブルの挿入口5-2 電源設備5-3 各種フィルタ類5-4 インターネット環境コラム(8) 同軸ケーブルの取り入れ方法コラム(9) Shack8 N7MA Avakianさんのシャック第6章 機器の配置方法6-1 配置の基本的な考え方6-2 便利グッズの活用法コラム(10) 筆者のシャックで使いやすさを体験!第7章 総 括7-1 環境に合ったベストな構築をしよう7-2 海外局のシャック紹介
  • 1冊
    ¥2,600(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】1 受験案内2 無線工学編 第1章 電気と磁気 第2章 電気回路 第3章 電子管および半導体素子 第4章 電子回路 第5章 通信方式 第6章 無線機 第7章 電源 第8章 アンテナおよび給電線 第9章 電波の伝わり方 第10章 測定3 法規編 1967年に発行された「上級ハムになる本」は、第1級、第2級アマチュア無線技士の国家試験を受験される方の必携の書として、多くの方の合格のお手伝いをしてきましたが、平成9年の改訂第2版をもって品切れとなりました。 しかし、多くの読者から新しい技術/通信方式までをも盛り込んだ受験参考書の発行を希望する声が寄せられ、ここに「新 上級ハムになる本」として出版しました。 本書は基本的な電気物理、電子回路、アンテナなどの基礎的な部分については30年以上もの実績を持つ「上級ハムになる本」を生かすようにし、新しく生まれた技術などについては現在に即した解説を行っています。
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】第1部 デジタル通信編 第1章 D-STAR入門 第2章 AORのデジタル無線機を使いこなす 第3章 アルインコ デジタル無線機技術と製品開発第2部 パケット通信編 第4章 APRS入門 第5章 ナビトラの世界に触れてみよう 第6章 アマチュア気象局を作る第3部 インターネット応用編 第7章 WiRES-IIを使った交信と中継局の開設 第8章 EchoLinkをはじめよう 第9章 遠隔操作シャックを作ろう!! 長い間、上級アマチュア無線局のみに運用が許されていた画像や文字通信が、初級アマチュア無線局にも許可されるようになり、SSTV、RTTY、パケット通信などを運用する局は飛躍的な増加を見せました。そのアマチュア無線の世界がデジタル通信とインターネットを取り込むことにより、また新たな時代を迎えようとしています。 本書はD-STAR方式をはじめとする、デジタル音声およびデータ通信の世界から、従来のパケット通信とインターネットを融合させ、アマチュア無線端末からE-mailの送信も可能にするAPRS通信、VoIP技術を使って、V/UHFハンディ・トランシーバでも全世界との会話が楽しめる、WiRESや EchoLinkシステムなど、新しい時代のアマチュア無線通信を一同にまとめたはじめての書籍です。
  • 1冊
    ¥1,800(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】 はじめに第1章 無線工学 電磁気 電気回路 半導体および電子管 電子回路 変調回路 発振回路・周波数混合器 論理回路 送信機 SSB送信機 FM送信機 電信送信機 高調波除去フィルタの特性 DSB受信機 SSB受信機 FM受信機/電信受信機 受信機の異常現象 電波障害 電源 電池 空中線・給電線 電波伝搬 測定第2章 電波法規 無線局の免許 無線設備 無線従事者 運用 監督 業務書類 無線通信規則第3章 モールス符号 数字をおぼえよう アルファベットをおぼえよう 問題を解いてみよう 問題【目次】 4アマに比べてあまり問題の難しさが変わらない3アマを取ると、アマチュア無線の世界は拡がります。ただ3アマの試験問題にはモールス符号の筆記問題が出題されます。 本書は最近の3アマの国家試験問題を、いかにおぼえてしまうかを重点に編集してみました。暗記のためのヒントは小学生の国家試験合格者を多く出した、ガールスカウトの実績に基づいて執筆されています。
  • 1冊
    ¥2,400(税抜)
    メーカー名:
    CQ出版
    型番:
    納期:
    商品説明
    【目次】 第1章 モールス通信 最新情報 第2章 試験制度で変わるCWの練習方法 第3章 ラバースタンプQSOの魅力とその先へ 第4章 スポーツ競技として 第5章 実践運用ノウハウ 第6章 こだわりのツール選定 第7章 CW実践ソフトウェア 第8章 CWの未来 本書は、アマチュア無線家が主役の新しい価値観でCWを再評価しようというものです。運用面を中心にこれらを横断的視点で検討し、新試験制度での最新ハム事情でいかにしてCW技量を磨けば、実践的運用を楽しめるか?を中心に紹介しています。
並び替え:
検索結果: 150 件 / 全 82