機能ボード

検索結果 299件中150件目
並び替え:
  • 1個
    ¥3,590(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    GROVEシリーズの30、000画素のカメラです。画面サイズは最大640×480。シリアルインターフェースで通信速度は9600〜115200baud、RS485とRS232に対応しています。標準と広角の2種類のレンズが付属しています。コントローラーとの接続はUARTです。コネクターはGROVE規格ですが一般的なUARTなのでGROVEやArduinoに関係なく使うことができます。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥259(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    単純なモメンタリー動作のプッシュスイッチ+プルダウン抵抗です。GROVEコネクターを基板表面に実装した標準型です。(基板裏にコネクターを実装した”パネル取り付け型”もあります。)GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥383(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    中立OFFのスライドスイッチです。D1端子をプルアップ、プルダウン、オープンの3ステートを選択できます。パネル取り付け用で、GROVEコネクターを基板裏に実装してあります。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥597(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    土壌の含水率を検知するセンサーです。2本の爪を土壌に挿し間を流れる電流の変化を増幅して出力します。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥473(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    ライントレース型ロボットのセンサーです。地面に描かれた線を検出します。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥1,823(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    超音波を使った距離センサーです。出力はPWMです。詳しい使い方はサンプルプログラムを参考にしてください。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥720(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    湿度センサーモジュールDHT11を搭載したセンサー基板です。出力は校正されており20% - 90%RHの湿度を±5%RHの確度と±1%RHの感度で検知できます。また温度センサーも備えており0〜50 ℃の範囲で確度±2℃、感度1℃の検知ができます。インターフェースはDHT11独自仕様の1線式シリアル通信です。詳しくはデーターシートやサンプルプログラム等で確認してください。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥833(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    リアルタイムクロック基板です。ICはDS1307でインターフェースはI2Cです。バックアップ用にCR1225型リチウム電池を使用します。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥349(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    サーミスタを使用した温度センサー基板です。出力はアナログ電圧でサーミスタの特性そのものです。温度を求めるにはプログラムによるリニアライズが必要ですがサンプルが用意されています。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥473(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    赤外線の受信モジュールで家電機器のリモコンの受信部分に使われているものと同じタイプのデバイスです。一般にリモコンの赤外線は信号により変調されていますが本モジュールも38kHzの復調回路を内蔵しています。”赤外線発信機”と対で使用します。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥383(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    10kΩのB型ボリュームです。VCCを分圧してD1端子に出力します。GROVEコネクターを基板表面に実装した標準型です。(基板裏にコネクターを実装した”パネル取り付け型”もあります。)GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥360(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    水滴を検知するセンサーです。すだれ状にせまい間隔で配置したプラス(信号)とGNDのパターン間に水滴が付くことで抵抗値が下がることを利用しています。本製品は教育実験専用で誤って実用品などに使用した場合は生命にかかわる危険性があります。(電源電圧は低いので感電や火災などの危険性は低いですが動作に確実性が無いという意味です。)GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥2,048(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    GROVEシステムのデジタル温度・湿度センサの上位機種です。センサーはAM2302を使用しています。5% - 99%RHの湿度を±2%RHの確度と±0.1%RHの分解能で検知できます。また温度センサーも備えており-40〜80 ℃の範囲で確度±0.5℃、分解能0.1℃の検知ができます。インターフェースはAM2302独自仕様の1線式シリアル通信です。詳しくはデーターシートやサンプルプログラム等で確認してください。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥1,215(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    人体の動きなど赤外線の変化を検出するセンサーです。防犯用のアラームや自動点灯ライトに用いられているタイプです。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥383(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    光依存性の抵抗素子を使用した光センサー基板です。出力はアナログ電圧です。センサー素子と抵抗でVCCを分圧した電圧をOPアンプのボルテージフォロアを介して出力します。本製品はパネル取り付けに向くようにコネクターを基板裏面に取り付けてあります。基板表面にコネクターの付いた標準型もあります。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥653(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    エレクトレット型コンデンサーマイクにアンプを追加したモジュールです。アンプはLM386パワーアンプなのでこれと電源、スピーカーがあれば拡声器になります。ただし、基板上の音量調整ボリュームは出力をショートする仕様になっているので常に最大付近に設定し積極的には調整しない方が無難です。
  • 1個
    ¥259(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    センサーが長手方向に傾くことで出力がON/OFFします。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥473(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    赤外線受信器と対で使用する赤外線LEDモジュールです。リモコン送信機として使用しますが単に赤外線LEDとドライバー用のトランジスタをモジュールにしただけでリモコン用信号の変調機能はありません。コントローラーのプログラムで対応する必要があります。(Arduino用にはサンプルスケッチが用意されています。)GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥653(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    カレントトランス(TA12-200)と800Ωの負荷抵抗を搭載した基板です。変流比は2000:1です。最大電流は5Armsで、この時の出力電流は2.5mArmsなので最大出力電圧は2Vrmsとなります。 入力1Aあたり0.4Vの出力になります。トランスなので交流しか扱えません。出力も交流電圧です。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥788(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    PS2のコントローラー類似のジョイスティックです。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥675(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System反射型の赤外線センサーです。ラインファインダーに似ていますが高速で回転する円盤上に描かれた線の検出などより高度な応用も可能です。◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥1,350(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    I2Cインターフェースの光センサー基板です。センサーICにはTSL2561を使用しています。 0.1 - 40000 LUXのダイナミックレンジと16bitのデジタル分解能を持ちます。検出する光の波長範囲を設定することができます。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥259(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    GROVEコネクターを搭載した小型のユニバーサル基板です。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥788(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    GROVEシリーズのスライドボリュームモジュールです。単にボリュームの端子をGROVEコネクターに接続してあるだけですがGROVEシステムで使う場合はボリュームのホット(CW、最大側端子)はVDD、コールド(CCW、最少側端子)はGNDに接続されスライダーからは分圧された直流電圧が出力されます。4ピンのGROVEコネクターの残り1ピンは基板上のLEDに接続されています。GROVEやArduinoに関係なく汎用的に使用でき、その場合は上記に限定されない使い方も考えられます。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥495(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    タッチ式のプッシュスイッチ基板です。指が近接した際のタッチパッドの容量変化を検知しH/Lのレベルを出力します。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥1,317(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    センサーICにMMA7660FCを使用した3軸加速度センサー基板です。インターフェースはI2Cです。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥2,723(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    物体の色を数値化して出力するセンサーです。専用IC TCS3414CSを使用しています。出力はI2Cです。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥957(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    センサーにMQ303Aを使用したモジュールでエタノールをはじめとするアルコール類のガスに反応します。出力はアナログですがセンサーの駆動とセンサー出力の取り扱い方法は少し特殊です。MQ303Aのデーターシートと本製品の回路図、サンプルプログラム等で確認してください。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥2,059(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    I2Cインターフェースの多ch入力型タッチセンサー基板です。専用IC MPR121を使用し入力パッドが4個付属します。入力コネクタを8個備えているので8chまで拡張できます。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥383(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    10kΩのB型ボリュームです。VCCを分圧してD1端子に出力します。パネル取り付け用で、GROVEコネクターを基板裏に実装してあります。(基板表にコネクターを実装した”標準型”もあります。)GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥912(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    波長760-1100nmの赤外線を検出することで炎をセンスします。赤外線フォトトランジスターの出力と閾値をコンパレータで比較し結果をL/Hで出力します。閾値は基板上のトリマーで設定できます。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥2,487(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    センサーICにITG3200を使用したI2Cインターフェースの3軸ジャイロセンサー基板です。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥1,250(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    センサーICにADXL345を使用した3軸加速度センサー基板です。インターフェースはI2Cです。GROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥473(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    ライントレース型ロボットのセンサーです。地面に描かれた線を検出します。 赤外線LEDと高感度フォトトランジスタを搭載。LEDから反射された赤外線をフォトトランジスタが検出すると、デジタル出力モードをハイからローへと変更させる信号を出します。【特長】インジケータLED付きデジタル出力反射距離の調整が可能【仕様】電源5V DCデジタル出力モードTTL(反射時:High 無反射時:Low)コネクター4 pin Groveコネクター寸法20mm x 20mmコンパレーターMV358フォトダイオードRS-06WDGROVE Systemとは?さまざまな電子部品を統一した外形の基板に実装し単に決められたケーブルで接続するだけで使える状態にモジュール化した製品群です。主に学習用でブレッドボードなどを使用した従来の方法に比べ不必要に部品の実装に悩まされることなく簡単に素早く機能を引き出すことができます。Arduinoなどマイコン中心のシステムに似ていますがGROVEは特定のMCUを中心としたものでは無くセンサーやスイッチ、ディスプレーなど周辺デバイスを個別に実装したモジュールが主体です。このためArduinoやLPCXpresso、mbedや小型Linux PCなど様々なシステムに応用可能です。各システムに対応したブリッジ用のシールドも用意されています。各モジュールには基本的に一つの部品しか実装されておらず極めてシンプルです。必要なドキュメントやサンプルプログラムは付属またはダウンロードで利用可能です。接続はすべてのモジュールで共通化されたケーブルでつなぐだけです。Arduinoなど専用のブリッジ用シールドを使えば新たアセンブリーを自作することなくGROVEシリーズのモジュールとケーブルを組み合わせるだけで目的に合わせた周辺デバイスを追加できます。seeedstudioの製品でseeeduinoというArduino互換の製品を使用すればはじめからGROVE用のコネクターが搭載されておりサンプルコードなどArduinoの資産も利用することができます。seeeduinoにはmbed互換のものもあります。http://www.seeedstudio.com/wiki/GROVE_System◎モジュール付属のサンプルスケッチで動作確認が可能です。 Arduinoと組み合わせる場合、メーカーサイトで公開されているサンプルスケッチを使うと動作を簡単に確認できます。GROVEモジュール上のデバイス固有の細かいプログラムがライブラリー化されているため簡単な記述でデバイスの機能を動かすことができます。ただしメインのスケッチはあくまでモジュールの動作確認と、ライブラリーの使い方の参考用です。最小限動作の確認ができるだけでそのままでは実用的でない場合もあります。◎Arduino IDEのスケッチ例がそのまま使用できるモジュールもあります。 例えばGrove - Servo(ROB08211P)の場合、サンプルスケッチはArduino IDEの(ファイル)−(スケッチの例)−SERVO−SWEEPをそのまま引用しています。この様な場合、直接メーカーサイト上にサンプルスケッチの記載はありません。◎サンプルスケッチを動かすために複数のGROVEモジュールが必要なことがあります。 ほとんどのGROVEモジュールはメーカーサイト上に使い方の説明があります。サンプルスケッチを使う場合は説明の対象となるモジュール以外に、複数のモジュールが必要なことがあります。サンプルスケッチを利用する場合はメーカーサイトであらかじめ周辺のセットアップを確認して必要なものを確認してください。◎Arduino他マイコンのハードウェアとプログラミングの知識が必要です。 GROVEシステムは、接続コネクタを統一することでマイコン周辺デバイスの実装を大幅に簡略化します。 ただし、いくつかのモジュールを決められた通りに組み合わせてソフトウェアをインストールすれば希望通りのセットが完成するというものではありません。パソコンとの対比で言えばアプリケーションソフトが用意されていない状態です(※個々のモジュールの動作確認用Arduinoサンプルスケッチとドライバーに相当するライブラリーはあります。) 例えば、LCD表示の温度計を作る場合、Arduino及びGROVE拡張シールド、温度センサーモジュール、LCDモジュール、接続ケーブル、電源があればハードウェアは揃いますが、それらをどのように接続して組み合わせるかという説明と、希望通りの動作をするサンプルスケッチが用意されているとは限りません。 コネクタに割り当てられた信号は、モジュールに実装されるデバイスに依存しいくつかのバリエーションがあります。 バスとして複数のデバイスが共用可能なI2Cや、デバイスとマイコンは一対一でも仕様が統一されたUARTのようなものもあれば、LEDやボリュームなど特定のGROVEモジュール独自の仕様の場合もあります。ハードウェアを理解したソフトウェアをプログラムし、希望通りの機能の実現を目指しましょう。
  • 1個
    ¥2,380(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    Xadow Basic Sensors integrates three different sensors on one single board:  3-Axis Accelerometer for motion detection、 activity monitoring and speed tracking    Dual diode Digital Light Sensor that can separately measure infrared、 full-spectrum or human-visible light    Temperature Sensor for temperature monitoringInclude    Xadow Basic Sensors * 1    FPC Cable 11 PIN * 2Features:    Three-in-one sensor board    Plug-and-play if connected with RePhone Kit Create    Open source and modular design    Slim and small    Built-in 11 PIN Xadow Connectors for full flexible connection with other Xadow Modules    Stackable、 chainable and sewable with other Xadow ModulesTechnical DetailsMicrocontroller: STM32F030F4Core: ARM 32-bit Cortex -M0 CPUPower Supply: 3.3 6 V (via breakout pins)Flash: 16 KBSRAM: 4 KBClock Speed: 48 MHzOperating Temperature Range: -30°C to 70°C Interfaces:  Interface with Xadow GSM+BLE through  I2C (7-bit address 0x03) Dimension: 25.37mm X 20.30mm / 1’’ X 0.8’ 3-Axis Accelerometer (ADXL345):Test g Range:  ±2g (default)、 ±4g、 ±8g、 or ±16g  Resolution:  Increase with g range、 up to 13-bit resolution at ±16g Digital Light Sensor (TSL2561):Approximates Human Eye ResponseDynamic Range (Lux): 0.1 to 40、000 LuxDual Photodiodes: Infrared and full spectrum Temperature Sensor (LM75ADP):Temperature Range: -55°C to 125 °CAccuracy: ± 2°C from -25°C to 100°C± 3°C from -55°C to 125°C
  • 1個
    ¥1,860(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    超音波を使った距離センサーです。詳しい使い方はサンプルプログラムを参考にしてください。本製品はGROVEシリーズではありませんがGROVEシリーズにも同様の商品があります。
  • 1個
    ¥3,810(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
  • 1個
    ¥3,810(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
  • 1個
    ¥3,810(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
  • 1個
    ¥3,810(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
  • 1個
    ¥3,780(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    GestureR is a single tiny module that includes Gesture Sensing、 Proximity Sensing、 and Ambient Light Sensing、 they brings you to your DIY devices、 with one of the latest technologies in advanced smartphones !GestureR is the first gesture sensing shield you can find in the market、 it is tiny ; inexpensive and user-friendly!GestureR BREAD       Size around 21 x 11mm       Pins pitch in DIP format.       Compatible with breadboards.       1 Bright RGB LED Features:GestureR can communicate with any Arduino Host or other microcontrollers through I2C interface. Sample codes for most of the useful functions in Arduino format are available.Gesture Sensing:GestureR can distinguish your gesture in 4 directions in 3 different speeds.Proximity Sensing:GestureR can sense the distance of an object up to 10cm from the sensor.Ambient Light Sensing:GestureR can measure three level of ambient light.ApplicationsGesture controlled control products such as AC Power; Appliance and lighting control.       GestureR + Relay Shields = Touchless Power Switch       GestureR + IR Controller Shields = Smart Remote       GestureR + LED Panel Shields = Smart LampController in hygiene environmentsSpecification of Gesture Sensor
  • 1個
    ¥3,180(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    GestureR is a single tiny module that includes Gesture Sensing、 Proximity Sensing、 and Ambient Light Sensing、 they brings you to your DIY devices、 with one of the latest technologies in advanced smartphones !GestureR is the first gesture sensing shield you can find in the market、 it is tiny ; inexpensive and user-friendlyGestureR TINY       Size around 11 x 11mm       Ultimately small size and thin.       Best for making tiny DIY Gesture controlled devicesFeatures:GestureR can communicate with any Arduino Host or other microcontrollers through I2C interface. Sample codes for most of the useful functions in Arduino format are available.Gesture Sensing:GestureR can distinguish your gesture in 4 directions in 3 different speeds.Proximity Sensing:GestureR can sense the distance of an object up to 10cm from the sensor.Ambient Light Sensing:GestureR can measure three level of ambient light.ApplicationsGesture controlled control products such as AC Power; Appliance and lighting control.       GestureR + Relay Shields = Touchless Power Switch       GestureR + IR Controller Shields = Smart Remote       GestureR + LED Panel Shields = Smart LampController in hygiene environmentsSpecification of Gesture Sensor
  • 1個
    ¥4,480(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    GestureR is a single tiny module that includes Gesture Sensing、 Proximity Sensing、 and Ambient Light Sensing、 they brings you to your DIY devices、 with one of the latest technologies in advanced smartphones !GestureR is the first gesture sensing shield you can find in the market、 it is tiny ; inexpensive and user-friendly!GestureR SHIELD ULTRA     Size around 54 x 53 mm     Pin Configuration compatible to Arduino UNO and Leonardo     I2C PWM LED Driver.     1 Bright RGB LED and 12 Purple LEDs ease of use and demonstration.     2-channel DIP Switch to use for mode changing or any other purposes. Features:GestureR can communicate with any Arduino Host or other microcontrollers through I2C interface. Sample codes for most of the useful functions in Arduino format are available.Gesture Sensing:GestureR can distinguish your gesture in 4 directions in 3 different speeds.Proximity Sensing:GestureR can sense the distance of an object up to 10cm from the sensor.Ambient Light Sensing: GestureR can measure three level of ambient light.ApplicationsGesture controlled control products such as AC Power; Appliance and lighting control.     GestureR + Relay Shields = Touchless Power Switch    GestureR + IR Controller Shields = Smart Remote    GestureR + LED Panel Shields = Smart LampController in hygiene environmentsSpecification of Gesture Sensor:
  • 1個
    ¥3,080(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    Atom Node is a IoT platform、 which intellectualize its surroundings. Atom Node can support serveral Grove sensors and actustors to gather physical data and actuat certain action. Atom Node needs to be configured before putting into use. After configration、 several modules can gather and transmit data wirelessly through RFBee. Besides、 with a rotating shaft and universal framework、 the pretty、 easy open-closed and pragmatic shell can satisfy customer's applications in different working environments. A Sensor is an electronic object that gets physical values from the environment. For instance、 a Grove-Temperature Sensor reads temperature data and transports it to Node. An Actuator makes some certain actions. As an example、 Grove-LED will blink when a HIGH level is sent to it.Features    Mobile devices/Apps centered configure    Open Source    Flexible wireless networks topology from Ad-hoc to mesh    Built-in battery    A variety of Indicators、 Easy to distinguish the work state    Skin-Skeleton-Gut philosophy
  • 1個
    ¥2,380(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    This is a A 16-bit、 5V tolerant input-only buffer for the Open Logic Sniffer logic analyzer. Specifications    16 input-only channels    Populated with the ON Semi MC74LCX16245DTG Transceiver.    All inputs are 5V tolerant、 can take up to 7V signals for short durations.    Propagation delay of 4.5 nS、 making the Buffer Wing capable of 200 MHz    Supports live insertion and removal
  • 1個
    ¥2,270(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    DESCRIPTIONYou can now utilize Bluetooth 4.0 Low Energy (BLE) technology easily in your project with our BLE Mini. BLE Mini requires only a serial port for communication so it supports all major development platforms that have UART interface including Arduino, Raspberry Pi, Netduino, BeagleBone etc. In addition, we provide you with access to all Ti's CC2540 I/O pins and the ability to upload firmware via USB, making the BLE Mini an ideal development/protoyping board for your BLE project/accessory/Appcessory.RequirementAn iPhone 5, iPhone 4S, iPad mini, iPad with Retina display (4th gen), iPad (3rd gen) or iPod touch (5th gen) plus our App from iTunes App Store. You could also develop your own iOS App using our open source SDK or iOS's CoreBluetooth Framework.Or a second BLE Mini (require Central role support which will be available in March 2013)FeaturesSimple interface - with our pre-loaded firmware code name 'Biscuit', you could easily connect to any development board or IC with UART interface.Compact form factor - this is a very popular request from makers using smaller Arduino boards like Arduino Mini/Micro/Nano/Pro Mini etc.Support Central or Peripheral role - it can connect to other BLE Mini or BLE Shield, not just iOS device. (Central role support will be available in March 2013)Standalone operation - Ti's CC2540 is a SoC (System-on-Chip) IC that can operate without any external microcontroller. You can develop your own firmware using IAR Embedded Workbench, all I/O pins of CC2540 are accessible.Firmware upgradable - develop your own or download a "pre-packaged" firmware and upload to BLE Mini via the USB connector, Ti CC Debugger is not required.Provision for connection to external antenna.SpecificationTexas Instruments CC2540 2.4 GHz Bluetooth System-on-Chip (SoC)Certified Bluetooth Low Energy 4.0 Module with on-board chip antenna Dimension- 39mm x 18.5mmPowering options - 3.4V to 11V VIN / 5V USB / Coin Cell Battery / 3.7V Li-ion Battery On-board programmable components - 512Kb EEPROM, 2 LEDs (Blue & Green), Push ButtonAccessories included - Coin Cell Battery holder & 3 connectors Please visit RedBearLab for more info about this product and technical support.
  • 1個
    ¥3,039(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    Assembled USB infrared remote control receiver/transmitter v2 designed by DangerousPrototypes.com. Use a remote control with your computer、 view infrared signals on a logic analyzer、 capture and replay remote control buttons、 and play TV POWER codes.- NEW: 100mA constant current IR transmitter with improved range- NEW: Infrared frequency measurement- NEW: Pin breakout area- Infrared remote control decoder (RC5)- Infrared signal logic analyzer- Capture and replay infrared signals- USB connection、 USB bootloader for easy updates- Supported in WinLIRC- Open source (CC-BY-SA)The internal self-test is performed on each IR Toy before it ships.This open source hardware and software is distributed in the hope that it will be useful、 but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
  • 1個
    ¥8,400(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    This extruder controller card is a temperature monitoring and PID temperature controller for 3D printers. If you have a desktop CNC machine you can easily convert your CNC to a 3D printer with this controller card. You can also handle your temperature related tasks of your 3D printer with this card without the need of a computer. You can set both the extruder temperature and the heated bed temperature with on board trimpots. You can read digitally your set temps and sensor values from the LCD. You can directly connect your heating elements to the board. High Power MOSFETS can handle your current requirements.Features:    Standalone No PC Connection Required    Based on the Arduino Diecimila    2×16 LCD Display    Simple Temp Settings With Onboard Pots    2 High Power MOSFET Outputs (5A at 12V)    2 Thermistor Input    Needs 12VDC as power source    2 independent PID Computation Via On-board Micro-controllerImportant:It is important to use a proper power supply according to your current needs.
  • 1個
    ¥980(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    With the BigQuad deck you can transform your Crazyflie 2.0 to a bigger quad by connecting external ESCs (Electronic Speed Controller) to the breakout connectors on the deck. The autodetection of the deck makes this transformation possible to do in seconds. The deck contains breakout header connectors for additional accessories such as external receiver (CPPM input) and GPS. It also has the possibility to monitor battery voltage and current.This product is intended to be used together with the Crazyflie 2.0 quadcopter and uses its expansion board system. Please have a look at the buyers guide for more info about the Crazyflie 2.0 ecosystem. For more information about how to use the expansion decks check out the getting started with expansion decks page.Early Access:This product is currently part of the early access program. This means the hardware is ready and low level tested but the firmware/software is still in a very rudimentary state、 there are probably basic drivers for communicating with the hardware、 but no higher level functionality.Features:    4 x ESC connectors    0.1”header mounting holes for additional connectivity:        CPPM input (3 pin)        GPS input (4 pin)        I2C expansion  (4 pin)        Battery and current monitoring input (3 pin)        Buzzer output (2 pin)    Connect one or two additional decks    Automatic detection of expansion deckElectrical specification:    Power Crazyflie 2.0 with 4.5V - 5.5V from ESC.    BiqQuad deck inputs are 5V tolerant.    Battery voltage monitoring divider scaled for input up to 23V.    Current monitoring input 0V - 3V.    BiqQuad deck and Crazyflie 2.0 current consumption:        ~120mA without any additional decks.        Up to 500mA if Crazyflie 2.0 battery is connected and charging.    1-wire memory for automatic expansion deck detection.Mechanical specification:    Weight: 3.8g    Size (WxHxD): 36x40x5mm    M3 mounting holes placed 30.5mm square.    Designed for mounting above or under the Crazyflie 2.0Package contents:    1 x BigQuad deck    4 x M2x4 nylon screw    2 x M2x6 hex spacer
  • 1個
    ¥1,080(税抜)
    メーカー名:
    SeeedStudio
    型番:
    納期:
    商品説明
    Sometimes LED feedback isn’t enough、 like when you’re flying around in a lab or a living room. With the buzzer deck you’ll get audio feedback on system events、 like low battery or charging completed. Or why not create your own melodies that will play while you’re buzzing around. To get started using the buzzer deck there’s already a few melodies pre-programmed in the Crazyflie 2.0 latest firmware.This product is intended to be used together with the Crazyflie 2.0 nano quadcopter and uses its expansion board system. Please have a look at the buyers guide for more info about the Crazyflie 2.0 ecosystem. For more information about how to use the expansion decks check out the getting started with expansion decks page.Features:    Low profile piezo buzzer for tone and melody generation    Automatic detection of deckSpecifications    Based on the CMT-1203-SMT    1-wire memory for automatic deck detectionMechanical specification    Weight: 1.8g    Size (WxHxD): 25x27x4mm    Designed for mounting above or under the Crazyflie 2.0Part list    1 x Buzzer deck
並び替え:
検索結果: 150 件 / 全 299