メーカー名:
型番:
MAX1202BCPP
品質ランク:
S2

の概要

2020/11/26 9:00現在提携先在庫数:56個
・パッケージ :20 Plastic DIP
・動作温度 :0°C to +70°C
・INL(LSB) :±1
・アプリケーション/用途 :5V/3V混合電源システム、バッテリ駆動アプリケーション、データ収集、高精度プロセス制御、医療用機器

MAX1202/MAX1203は、+5V (アナログ)および+3V (ディジタル)混合の電源電圧を使用するアプリケーション用として設計された12ビットデータ収集システムです。
+5V単一アナログ電源または±5Vデュアルアナログ電源で動作し、8チャネルマルチプレクサ、広帯域幅トラック/ホールド、およびシリアルインタフェースに高速変換および低消費電力特性を兼ね備えています。

4線シリアルインタフェースは外部ロジックなしで、直接SPI?/MICROWIRE?機器に接続できます。
シリアルストローブ出力により、TMS320ファミリのディジタル信号プロセッサ(DSP)に直接接続できます。
MAX1202/MAX1203は、内部クロックまたは外部シリアルインタフェースクロックを使用して逐次比較型のアナログディジタル変換を行います。
シリアルインタフェースは、最大2MHzで動作します。

MAX1203は外部リファレンスを必要とします。
MAX1202は内部4.096Vリファレンスを備え、どちらの製品も利得トリミングを簡単にするリファレンスバッファアンプを備えています。
また、ディジタル出力の電源となるVLピンを備えています。
出力ロジックレベル(3V、3.3V、または5V)は、このピンに印加される電圧によって決まります。

本製品は、ハードによるアクティブローSHDNピンおよびソフトウェア選択による2つのパワーダウンモードを備えています。
MAX1202/MAX1203は、シリアルインタフェースにアクセスすると自動的にパワーアップし、ターンオンが速いために変換と変換の間にシャットダウンできます。
このため、ユーザは消費電流を最適化できます。変換と変換の間のパワーダウンをカスタム化することにより、サンプリングレートが低い場合には消費電流を10?A以下に抑えることができます。

MAX1202/MAX1203は20ピンSSOPおよびDIPパッケージで提供され、民生用、拡張、および軍用温度範囲のものが用意されています。

●入力:8チャネルシングルエンドまたは4チャネル差動
●電源:+5V単一または±5Vデュアル
●出力ロジックレベルが調節可能(2.7V〜5.25V)
●低電力:1.5mA (動作モード) 、2?A (パワーダウンモード)
●内部トラック/ホールドサンプリングレート:133kHz
●内部4.096Vリファレンス(MAX1202)
●4線シリアルインタフェース:SPI/MICROWIRE/TMS320コンパチブル
●ユニポーラまたはバイポーラ入力:ソフトウェアで設定
●パッケージ:20ピンDIP/SSOP

営業所に在庫はございません。

マルツ全店でオンライン注文&店頭受取りサービスをご利用いただけます。

AD/DAコンバーターにはこちらの製品もございます。

A/Dコンバーター D/Aコンバーター VF・FVコンバーター

※掲載されている価格には消費税、各種手数料が含まれておりません。別途消費税およびお支払方法に応じた手数料が必要になります。

※このホームページに掲載されている、記事・写真の一部または全部をそのまま、または改変して利用・転載・転用することを禁じます。

※商品によって販売価格が店頭価格と異なる場合がございます。

※弊社ではお客様が商品を選びやすくするためにデータシートの提供や技術情報、商品画像の表示を行っています。
しかしさまざまな事情により、これらの情報がすべて正確であることを弊社が保証することはできません。
商品の正確な仕様等は各メーカーの最新のデータシートで確認して頂きますようお願いいたします。
また、商品画像につきましても、当アイテムとは異なるイメージ画像を表示している場合がございます。
ご注文の際はくれぐれもご注意願います。また、注文間違いの返品交換は応じかねますのであらかじめご了承下さい。

DigiReelの説明
Page Top