Groovy-IoT【GROOVY-IOT】

数量
1個以上
¥2,480.00(税抜)
自社在庫数
19

在庫数以上のご注文も短納期でお納め出来ます。こちらよりお問い合わせください

納期:
本日出荷在庫品

ご注文数量によっては上記の通り出荷できない場合がございます

商品説明

GroveモジュールをマイコンボードにUSBで接続するためのインターフェース基板
Groovy-IoTは、4個のGroveコネクタを搭載したマイコンボードとのインターフェース基板です。マイコンボードとの接続は、microUSBで行います。Grove Systemは、Seeed社が開発した拡張モジュール用のインターフェース規格で、Groveコネクタを使用して様々なセンサやアクチュエータをマイコンボードなどに接続することができます。

【特長】
  • Groveモジュールを利用できる
    USB-シリアル変換に使用しているMCP2221AのI/Oは、Groveのピンアウトと同一にしてあります。排他制御になりますが、GPIO、ADC、DACが利用でき、I2Cタイプのセンサも接続可能です。3.3V/5Vの切替えジャンパにより、どちらのセンサも利用可能です(混在不可ですが、スタックして別系統として利用できます)。
  • USB-シリアルインターフェースとして使用できる
    センサやRaspberry Piのようなデバイスを使用する際、USB-シリアルインターフェースがあると重宝します。Groovy-IoTは、Windows、Mac、Linuxの機種を問わずに接続が可能です。また、ジャンパの切替えにより3.3V/5Vのどちらでも利用可能です。
  • Raspberry Piと高い親和性がある
    基板の穴位置をRaspberry Piに合わせてあり、ネジで固定することができます。物理的な制約のためにGroveコネクタの数は4個ですが、MCP2221Aの全てのピンを引き出してあります。特にRaspberry Piの場合はHATを使うためのピンヘッダに干渉しないので、拡張性と機能性の両立が可能です。
  • パソコンにもセンサを接続できる
    シリアル以外の各種インターフェースはUSB-HIDで制御します。したがって、パソコンから各種センサを利用することができます。また、セルフパワーのUSB-Hubを仲介することにより、センサの数を増やすことができます。基板はスタックできるので、効率的に増設できます。
1350226 0000000201030572 _3H516 GROOVY-IOT

在庫店舗※08/20 00時時点の在庫情報です。
マルツ全店でオンライン注文&店頭受取りサービスをご利用いただけます。

※掲載されている価格には消費税、各種手数料が含まれておりません。別途消費税およびお支払方法に応じた手数料が必要になります。

※このホームページに掲載されている、記事・写真の一部または全部をそのまま、または改変して利用・転載・転用することを禁じます。

※商品によって販売価格が店頭価格と異なる場合がございます。

※弊社ではお客様が商品を選びやすくするためにデータシートの提供や技術情報、商品画像の表示を行っています。
しかしさまざまな事情により、これらの情報がすべて正確であることを弊社が保証することはできません。
商品の正確な仕様等は各メーカーの最新のデータシートで確認して頂きますようお願いいたします。
また、商品画像につきましても、当アイテムとは異なるイメージ画像を表示している場合がございます。
ご注文の際はくれぐれもご注意願います。また、注文間違いの返品交換は応じかねますのであらかじめご了承下さい。

DigiReelの説明