SparkFun Edge Development Board - Apollo3 Blue【DEV-15170】

SparkFun Edge Development Board - Apollo3 Blue【DEV-15170】

メーカー名:
型番:
DEV-15170
品質ランク:
M1
数量

納期:
本日出荷在庫品

提携先の在庫状況や休日の関係で、
上記の通り出荷できない場合がございます

1個以上
¥3,047.00
(税込¥3,351.00)

SparkFun Edge Development Board - Apollo3 Blue【DEV-15170】の概要

●Description

Edge computing is here! You've probably heard of this latest entry to the long lineage of tech buzzwords like "IoT," "LoRa," and "cloud" before it, but what is “the edge” and why does it matter? The cloud is impressively powerful but all-the-time connection requires power and connectivity that may not be available. Edge computing handles discrete tasks such as determining if someone said "yes" and responds accordingly. The audio analysis is done at the edge rather than on the web. This dramatically reduces costs and complexity while limiting potential data privacy leaks.

In collaboration with Google and Ambiq, SparkFun's Edge Development Board is based around the newest edge technology and is perfect for getting your feet wet with voice and even gesture recognition without relying on the distant services of other companies. The truly special feature is in the utilization of Ambiq Micro's latest Apollo3 Blue microcontroller, whose ultra-efficient ARM Cortex-M4F 48MHz (with 96MHz burst mode) processor, is spec'd to run TensorFlow Lite using only 6uA/MHz. The SparkFun Edge board currently measures ~1.6mA@3V and 48MHz and can run solely on a CR2032 coin cell battery for up to 10 days. Apollo3 Blue sports all the cutting edge features expected of modern microcontrollers including six configurable I2C/SPI masters, two UARTs, one I2C/SPI slave, a 15-channel 14-bit ADC, and a dedicated Bluetooth processor that supports BLE5. On top of all that the Apollo3 Blue has 1MB of flash and 384KB of SRAM memory - plenty for the vast majority of applications.

On the Edge you'll have built-in access to sensors, Bluetooth, I2C expansion, and GPIO inputs/outputs. To support edge computing cases like voice recognition the Edge board features two MEMS microphones, an ST LIS2DH12 3-axis accelerometer on its own I2C bus, and a connector to interface to an OV7670 camera (sold separately & functionality coming soon). As TensorFlow updates their algorithms more and more features will open up for the SparkFun Edge. An onboard Bluetooth antenna gives the Edge out-of-the-box connectivity. Also available on the board is a Qwiic connector to add I2C sensors/devices, four LEDs, and four GPIO pins. To boast the low-power capabilities of the board we've outfitted it with battery operation from the CR2032 coin cell holder. Programming the board is taken care of with an external USB-serial adapter like the Serial Basic Breakout via a serial bootloader, but for more advanced users we've also made available the JTAG programming and debugger port.

As a brave explorer of this new technology, you'll have to use some advanced concepts but don't worry. Between Ambiq Micro's Software Development Kit and our SDK Setup Guide you'll have access to plenty of examples to begin working with your hardware.

Now get out there and make something amazing with the latest machine learning technology at your very own fingertips!

Note: The HM01B0 Himax Camera is NOT included with the SparkFun Edge and will need to be purchased separately.

Get Started with the SparkFun Edge Dev Board Guide

●Features

Microcontroller

・32-bit ARM Cortex-M4F processor with Direct Memory Access
・48MHz CPU clock, 96MHz with TurboSPOT(TM)
・Extremely low-power usage: 6uA/MHz
・1MB Flash
・384KB SRAM
・Dedicated Bluetooth processor with BLE 5

Onboard

・ST LIS2DH12 3-axis accelerometer
・2x MEMS microphones with operational amplifier
・Himax HM01B0 camera connector
・Qwiic connector
・4 x GPIO connections
・4 x user LEDs
・1 x user button
・FTDI-style serial header for programming
・Bluetooth antenna
・CR2032 coin cell holder for battery operation

What It Does

・High processing to current consumption ratio enables machine learning applications on the 'Edge' of networks, without the need for a central computer or web connection.
・Voice, gesture, or image recognition possible with TensorFlow Lite. (Note: Voice examples are provided. Gesture and image examples hope to be released by TensorFlow soon)

General

・1.8V - 3.6V supply voltage range
・Small 1.6in x 1.6in x 0.35in (40.6mm x 40.6mm x 8.9mm) form factor

営業所に在庫はございません。

マルツ全店でオンライン注文&店頭受取りサービスをご利用いただけます。

未分類にはこちらの製品もございます。

海外商社取扱商品 新規掲載品

※掲載されている価格には消費税、各種手数料が含まれておりません。別途消費税およびお支払方法に応じた手数料が必要になります。

※このホームページに掲載されている、記事・写真の一部または全部をそのまま、または改変して利用・転載・転用することを禁じます。

※商品によって販売価格が店頭価格と異なる場合がございます。

※弊社ではお客様が商品を選びやすくするためにデータシートの提供や技術情報、商品画像の表示を行っています。
しかしさまざまな事情により、これらの情報がすべて正確であることを弊社が保証することはできません。
商品の正確な仕様等は各メーカーの最新のデータシートで確認して頂きますようお願いいたします。
また、商品画像につきましても、当アイテムとは異なるイメージ画像を表示している場合がございます。
ご注文の際はくれぐれもご注意願います。また、注文間違いの返品交換は応じかねますのであらかじめご了承下さい。

  • マルツの新提案 プロトファクトリー
  • マルツの新提案 プロトファクトリー
  • マルツの新提案 プロトファクトリー
DigiReelの説明
Page Top

【標準梱包形態】

標準の梱包は、Digi-Keyがメーカーから受け取る最小の梱包サイズです。 Digi-Keyの付加価値サービスにより、最小注文数は、メーカーの標準パッケージより少なくなっている場合があります。 梱包形態(リール、チューブ、トレイなど)は、製品を少量梱包に分割する際に変更される場合がありますので、ご了承ください。

【梱包形態】

テープ&リール

テープ&リールは、メーカーから受け取った未修正の連続テープのリールです。 リーダおよびトレーラとしてそれぞれ知られている最初と最後の空のテープの長さは、自動組立装置の使用を可能にします。 テープは、米電子工業会(EIA)規格に従いプラスチックリールに巻き取られます。 リールサイズ、ピッチ、数量、方向およびその他詳細情報は通常、部品のデータシートの終わりの部分に記載されています。 リールは、メーカーによって決定されたESD(静電気放電)およびMSL(湿度感度レベル)保護要件に従って梱包されます。

カットテープ

カットテープは、ご注文部品の数量を正確に含むリール(上記)から切断された長さのテープです。 カットテープにはリーダーやトレーラーが含まれていないため、多くの自動組立機械には適していません。 テープは、メーカーによって決定されたESD(静電気放電)およびMSL(湿度感度レベル)保護要件に従って梱包されます。

Digi-Reel®

Digi-Reel®はお客様のご要望の数量を連続テープでリールに巻いて販売するものです。Digi-ReelはEIA(米国電子工業会)規格に準拠し、テープには18インチ(約46cm)のリーダーとトレイラーを付けてプラスティックリールに巻いて販売いたします。Digi-Reelはお客様からご注文を頂いてから作成されますが、対応している製品のほとんどは当該製品の在庫から作成され即日出荷されます。在庫不足等の理由で出荷が遅れる場合は、お客様に別途ご連絡を致します。
リール1巻きについて「リーリング手数料」が加算され価格に含まれています。