近年、家電製品の中で静電容量式を採用したタッチキーの採用されるものが多くなりました。特に冷蔵庫や洗濯機、炊飯器などの白物家電やキッチンのIHクッキングヒーターなどでタッチキーが広まっています。

タッチキーのメリットは、例として機械式のスイッチと比較すると摩耗による寿命がなく、操作部分のデザイン性が向上するといった点があります。その反面、水が付くと誤作動を引き起こしやすい、手袋での操作は反応が鈍くなる、外来ノイズに弱い、などのデメリットもあります。

ルネサスエレクトロニクスのタッチソリューションでは、今まで不可能だったことを可能にすることができます。

  • タッチキー耐水デモ

  • タッチキー高感度デモ

  • タッチキー+RL78/G1D(BLE)電子錠デモ

  • ESEC2015, IOT/M2M展2015 タッチセンサー

高感度&高ノイズ耐性

  • 厚さ10mmのアクリル、木材をセンシング!
  • 最大30cmの近接センシング(ホバリング)を実現!
  • IEC6100 4-3/4-6 level3をクリアするノイズ耐性!

「自己容量」「相互容量」両方式に対応

検知方式 特長
自己容量方式 ・電極形状の制約が少ない
・低コスト基板で実現可能(一層基板で実現可能)
相互容量方式 ・耐水性が高い(水的影響排除が可能)
・電極をマトリクスで組んだ際、マルチタッチが可能。
  • 耐水性の必要な製品も使用可能!(相互容量)
  • 電極をマトリクスで組むことにより少ないタッチチャネルで多電極を実現!(相互容量)

簡単開発

  • 開発ツールで感度を自動調整!
  • GUI形式でデザイン作成からソースコード生成まで幅広く対応

  • RX130 CPUボード

  • 自己容量

  • 自己容量/相互容量 混在

タッチ評価に必要なものをすべて同梱!
購入してすぐに使うことができます。

型番:RTK0EG0003S02001BJ    価格:¥32,500(税抜)

同梱物

  • CPUボード(RX130 80ピン)
  • アプリケーションボード 2種類

    1.自己容量方式
    キー:2個/ スライダ:1組 / ホイール:2組

    2.自己容量・相互容量方式
    近接センシング:1キー(自己容量)
    マトリクスキー(4x5):20キー(相互容量)

  • USBケーブル

基本仕様

  • RX-v1コア(32MHz)
  • Pin:48,64,100
  • ROM:64-128KB
  • 電源電圧:1.8-5.5V

※内容物は予告なく変更となる場合があります

高感度かつ高ノイズ耐性、更にタッチキー操作部が水で濡れている状態でも誤検知を起こさず操作が可能な新IPを搭載したRX113タッチキー評価キットです。

本キットを使用することにより、試作回数の削減など効率的な開発が可能となり、新たにタッチキーシステムを導入するユーザにも入門用として最適です。

タッチキー用マイコン「RX113」は、高感度と高ノイズ耐性を両立しており、NC工作機の制御盤等、産業分野における手袋を装着した状態でのタッチキー認識を可能にしています。

また、手と水を区別して検知することができるので、濡れた手で触ることの多いIH調理器や食洗機等の調理家電、給湯器リモコン、お風呂用TV等の水回り製品でも正しく動作させることが可能です。


本開発キットは、4種類のタッチキー評価ボードとサンプルソフトウエアと自動調整ツール「Workbench6」で構成され、以下の特長があります。

・オールインパッケージのため、即時に開発を開始可能

・評価ボードと自動調整ツールにより、タッチキーシステムの開発が容易に実現可能

・調整結果をソースファイルとして出力可能


型番:Y-RX113CAPT01    価格:¥28,800(税抜)

「Workbench6」ではGUIベースでタッチキー感度を簡単に調整することができます。
ここではWorkbench6の使い方について説明します。

  • タッチキー感度自動調整ツール"First Step Guide" 1

  • タッチキー感度自動調整ツール"First Step Guide" 2

  • タッチキー感度 モニタツール"Turning Window"
    ~感度の微調整が可能~