Arduinoで計る、測る、量る【ISBN9784789842198】

Arduinoで計る、測る、量る【ISBN9784789842198】

数量
1冊以上
¥2,800.00(税抜)
自社在庫数
10

在庫数以上のご注文も短納期でお納め出来ます。こちらよりお問い合わせください

納期:
本日出荷在庫品

ご注文数量によっては上記の通り出荷できない場合がございます

商品説明

電子工学やコンピュータの専門家以外に広く利用されるようになったイタリア生まれのArduinoマイコンは、PICやAVRマイコンの利用と同様な計測分野でも利用できます。専用の書き込み器も不要ですし、今すぐに必要、というような開発用途にも適しています。
本書は、このArudinoで温度、湿度、明るさ、電流、気圧、距離、重さなど日常必要になる主な計測項目を取り上げました。そして、計測した結果をSDカードに記録し、PCに有線/無線で送信し、インターネットにも対応させるところまでを具体的に解説します。なお、本書のプログラムはArduino 1.0で動作を確認しています。

目次


入出力・ボード仕様は標準化されて使いやすい
[第1章] Arduinoは入門者にもプロにも優しいマイコン・ボード
1-1 入出力などの基本的な仕様が決められている
1-2 多様なバリエーションのArduinoが用意されていて、いろいろな目的に利用できる

開発環境はシンプルでわかりやすい
[第2章]Arduino IDEのインストールと基本となる使い方
2-1 Arduinoのホームページには何でもそろっている
2-2 Arduino開発システムのダウンロードのページ
2-3 PCとArduinoをつなぐ
Column…2-1 USB- シリアル変換モジュール

シンプルな開発環境を使いはじめる
[第3章] Arduinoのサンプル・スケッチで基本的な入出力動作を確認する
3-1 Arduino IDEの使い方
3-2 サンプル・スケッチを動かしてみる
Column…3-1 進化を続けるArduino

決められた入出力ポートだが逆に使いやすい
[第4章] アナログ入出力もスケッチが用意されていて使い方は簡単
4-1 アナログ入力とアナログ出力
4-2 アナログ出力はPWMと呼ばれる方法で出力
4-3 温度センサをはじめ多くのセンサが簡単に利用できる
4-4 LM35DZを利用して湿度の測定を行う
4-5 プラス電源だけでマイナスの温度も測れるLM60を使用すると
Column…4-1 炎の温度を測る

スタンドアロンで動かすときには必需品
[第5章]測定結果をLCDに表示する
5-1 Arduinoからデータを出力するLCDモジュール
5-2 ArduinoとLCDモジュールの接続方法
5-3 LCDモジュール用のライブラリ
5-4 LM35DZを利用して湿度の測定結果をLCD表示する
5-5 温度センサで温度をチェックし、AC電源をON/OFF(ヒータを制御)
Appendix1 LCDライブラリ

2本線で複数のデバイスをつなげられて拡張性がよい
[第6章]高機能シリアル通信I2C
6-1 マイコンとディジタル・センサや通信モジュール・デバイス間のシリアル通信
6-2 I2Cインターフェースでやりとりするリアルタイム・クロック
6-3 3.3V動作のI2Cインターフェース・デバイスの温度センサを追加する
6-4 5V、3.3V動作のI2Cインターフェース・デバイスを動かす
Column…6-1 できることがわかれば0.5mmピッチのはんだ付けも難しくない
Appendix2 Wireライブラリ

熱電対、SDカードを活用する
[第7章]SPIインターフェース
7-1 SPI通信の通信方法
7-2 Arduino用の熱電対温度センサ(MAX6675 スイッチサイエンス)
Appendix3 SPIライブラリ

大容量の外部メモリを活用できる
[第8章]SDカード/マイクロSDカードにデータを保存する
8-1 SDカード・ドライブ
8-2 SDライブラリの概要
8-3 テスト・スケッチの機能
8-4 SDカードに測定値を書き込むスケッチ
Column…8-1 SDカードの仕様
Appendix4 SDライブラリ

インターネットとの接続で応用範囲を広げる
[第9章] イーサネットのネットワーク経由で測定データを発信する
9-1 イーサネット・シールド
9-2 イーサネットと接続するために
9-3 Ethernet ライブラリ
9-4 温度、湿度、気圧のサーバを作る
Appendix5 Ethernetライブラリ

無線対応で応用が広がる
[第10章]XBeeでデータ収集
10-1 本章で使用するXBee
10-2 インストール・プログラムの準備
10-3 X-CTUのインストール
10-4 X-CTUの起動と設定
10-5 ArduinoのXBeeシールドに設置したXBeeモジュールの設定
10-6 XBeeモジュールの設定
10-7 XBeeとArduinoとの接続
10-8 テストのためのスケッチ
10-9 無線通信できる温度計測ステーション
10-10 無線通信できる温度計測ステーションのスケッチを作る
Appendix6 Arduinoの割り込みでパルスを数える

湿度、気圧、明るさ、電流、アルコール、距離、温度、圧力
[第11章]各種センサをつないで測定
11-1 湿度センサHIH-4030
11-2 I2Cインターフェースの気圧センサBMP085
11-3 明るさセンサTEMT6000、AMS302T
11-4 電流センサACS712
11-5 アルコール・センサMQ-3
11-6 距離センサGP2Y0A21YK
11-7 サーミスタ103AT-11で温度を計る
11-8 ストレイン・ゲージによる重さの測定
Appendix7 ADXL335搭載加速度センサ・モジュール

130328 0000000200177691 #R-128+ ISBN9784789842198

在庫店舗※10/15 05時時点の在庫情報です。
マルツ全店でオンライン注文&店頭受取りサービスをご利用いただけます。

※掲載されている価格には消費税、各種手数料が含まれておりません。別途消費税およびお支払方法に応じた手数料が必要になります。

※このホームページに掲載されている、記事・写真の一部または全部をそのまま、または改変して利用・転載・転用することを禁じます。

※商品によって販売価格が店頭価格と異なる場合がございます。

※弊社ではお客様が商品を選びやすくするためにデータシートの提供や技術情報、商品画像の表示を行っています。
しかしさまざまな事情により、これらの情報がすべて正確であることを弊社が保証することはできません。
商品の正確な仕様等は各メーカーの最新のデータシートで確認して頂きますようお願いいたします。
また、商品画像につきましても、当アイテムとは異なるイメージ画像を表示している場合がございます。
ご注文の際はくれぐれもご注意願います。また、注文間違いの返品交換は応じかねますのであらかじめご了承下さい。

DigiReelの説明