ESP-WROOM-32ブレッドボード開発基板【E32-BREADPLUS】

ESP-WROOM-32ブレッドボード開発基板【E32-BREADPLUS】

数量
1個以上
¥630(税抜)
自社在庫数
110

在庫数以上のご注文も短納期でお納め出来ます。こちらよりお問い合わせください

納期:
本日出荷在庫品

ご注文数量によっては上記の通り出荷できない場合がございます

商品説明

Wi-Fi、BLE通信モジュールESP-WROOM-32をブレッドボードで使うための基板
Wi-Fi、Bluetoothによる通信を可能にするESP-WROOM-32マイコンモジュールをブレッドボードで使用できるようにするための基板です。ESP-WROOM-32は、世界的に人気の高いArduinoIDEを使って手軽にIoTデバイスの開発ができます。ブレッドボードの中央に挿して使う部分はコンパクトな300mil幅になっているので、他の部品の邪魔になりません。(なお、CMD, CLK, SD0, SD1, SD2, SD3の6ピンは内部フラッシュメモリとの通信に使われ、ユーザーが使うことはあまりないため、外部には出してありません。)

■リセットとプログラム書き込み切り替えスイッチを搭載可能

ESP-WROOM-32で開発をする場合、リセットとプログラムの書き込みを切り替える機能が必要です。本基板にはあらかじめそれらのスイッチを実装することができるので、別途ブレッドボードに回路を組む必要がありません。

■EN信号RC遅延回路付き

他のマイコンなどからEN信号を通してESP-WROOM-32を制御する場合、ノイズの影響を減らすためにRC遅延回路を付けることが推奨されています。(詳しくは、ESP32 Hardware Design Guidelinesをご覧ください) 本基板にはRC遅延回路を実装することができるので、ブレッドボード上に回路を組む必要がありません。

■配布形式

基板のみですので、他の部品の入手やはんだ付けなどはご自身で行っていただく必要があります。手作業ではんだ付けできる部品のみを使っています。
電源、USBシリアルモジュール(プログラムをESP-WROOM-32に書き込む場合)も別途ご用意いただく必要があります。

■資料

サンプルプログラムや回路図、関連資料はIndoor Corgi Elec.様のサポートページから入手できます。
952917 0000000200970872 _3H185 E32-BREADPLUS

在庫店舗※05/24 06時時点の在庫情報です。
マルツ全店でオンライン注文&店頭受取りサービスをご利用いただけます。

※掲載されている価格には消費税、各種手数料が含まれておりません。別途消費税およびお支払方法に応じた手数料が必要になります。

※このホームページに掲載されている、記事・写真の一部または全部をそのまま、または改変して利用・転載・転用することを禁じます。

※商品によって販売価格が店頭価格と異なる場合がございます。

※弊社ではお客様が商品を選びやすくするためにデータシートの提供や技術情報、商品画像の表示を行っています。
しかしさまざまな事情により、これらの情報がすべて正確であることを弊社が保証することはできません。
商品の正確な仕様等は各メーカーの最新のデータシートで確認して頂きますようお願いいたします。
また、商品画像につきましても、当アイテムとは異なるイメージ画像を表示している場合がございます。
ご注文の際はくれぐれもご注意願います。また、注文間違いの返品交換は応じかねますのであらかじめご了承下さい。