電解コンデンサー

1μF~10000μFを超える大容量のコンデンサーです。耐圧は6.3V以下~400V以上まであります。選択時は容量と耐圧以外に使用温度と最大電流にも注意します。電源回路の整流ダイオードの出口につながる平滑コンデンサーには大電流が流れるため許容電流の大きなハイリップル型が推奨されています。コンデンサーの二枚の電極のうち片方には誘電体となる酸化膜を生成したアルミ箔を使います。もう片方の電極は酸化膜の外側に満たされた導電性のある電解液です。電気的に2つの電極間は極薄で誘電率の高い酸化膜で仕切られ体積当たりの静電容量を大きくできることが特長です。電解液は酸化膜を維持する役目もしますが極性を間違うと逆に電気分解して破壊します。高温が苦手で温度グレードが設定されています。電気伝導に電解液のイオンが介在するため直列抵抗(ESR)が高く周波数特性が悪いのが弱点でしたが標準品でも性能は進化しさらに用途に応じて特性を特化したハイグレード品が用意されています。電解液のリークと酸化膜の腐食は宿命的な問題で信頼性が飛躍的に向上した現在でも製品に寿命があります。新品未使用であっても(未使用であるほど)劣化は進むので長期保存品は要注意です。
検索結果 614件中150件目
並び替え:
並び替え:
検索結果: 150 件 / 全 614
DigiReelの説明
Page Top