SparkFun Artemis Development Kit with Camera【KIT-17071】

SparkFun Artemis Development Kit with Camera【KIT-17071】

メーカー名:
型番:
KIT-17071
環境区分:
RoHS対応
品質ランク:
M1
数量

納期:
30日程度

提携先の在庫状況や休日の関係で、
上記の通り出荷できない場合がございます

1個以上
¥10,416.00
(税込¥11,457.00)
10個以上
¥9,896.00
(税込¥10,885.00)
30個以上
¥9,583.00
(税込¥10,541.00)
50個以上
¥9,062.00
(税込¥9,968.00)

SparkFun Artemis Development Kit with Camera【KIT-17071】の概要

●Description

The SparkFun Artemis Development Kit is the latest board to be released around the SparkFun Artemis Module and it allows access to more software development features than previous Artemis based boards. This Kit includes the SparkFun Artemis DK board as well as the accessories (Himax camera & USB-C cable) needed to get started right away. Recommended software used to program the Artemis DK are the Arduino IDE, Arm(R) Mbed(TM) OS (Studio and CLI), and AmbiqSDK. An updated USB interface (MKL26Z128VFM4 Arm(R) Cortex(R)-M0+ MCU, from NXP) allows the Artemis Dev Kit to act as:

  • Mass Storage Device (MSD): Used to provide drag and drop programming to the Artemis Module.
  • Human Interface Device (HID): Used for the debugging interface to the Artemis Module.
  • Communication Port (COM): Used to provide a serial communication UART between the Artemis and the USB connection (PC).

The Artemis Module provides a Cortex(R)-M4F with BLE 5.0 running at 48MHz with an available 96MHz turbo mode and power as low as 6uA per MHz (less than 5mW). The SparkFun Artemis Module is fully FCC/IC/CE certified with 1M flash and 384k RAM you'll have plenty of room for your code. The flexibility of the Artemis module starts with our Arduino core. You can program and use the Artemis module just like you would an Uno or any other Arduino. Additional functionality stems from the ability of the Artemis Dev kit to run RTOS such as the Arm Mbed OS, or the AmbiqSDK.

Attached to the "Qwiic" I2C bus, we've added a LIS2DH12TR MEMS accelerometer (for things like gesture recogntion), a digital MEMS microphone, and an edge camera connector for the Himax CMOS imaging camera to experiment with always-on voice commands, and image recognition with TensorFlow and machine learning. All of the Artemis Development Kit pins are broken out to 0.1" spaced female headers (i.e. connectors). There are also two rows of breakout pins with 0.1" pitch spacing for headers; and a 0.08" pitch spacing to clip on IC-hooks, used by most logic analyzers. Additionally the Silk on the back of the Artemis DK acts as a chart to show pins by functionality (peripherals, ADC, PWM, UART0, & UART1) and act as an aid while developing software. The board is powered & programmed via USB-C, and includes a Qwiic connector to make I2C easy and is fully compatible with SparkFun's Arduino core to be programmed under the Arduino IDE.

Get Started With the SparkFun Artemis Development Kit Guide

●Features

Artemis Dev Kit

  • Compatible with Arduino, Mbed(TM) OS, and AmbiqSDK Development Programs
  • Power:
    • 5V Provided Through the USB-C Connector
    • 1.8V, 3.3V, and 5V Available on Power Header
  • Interface Chip (MKL26Z128VFM4 ARM(R) Cortex(R)-M0+ MCU):
    • Drag and Drop Programming
    • SWD Interface
    • JTAG Programming PTH
  • Artemis Module:
    • Apollo3 ARM(R) Cortex(R)-M4F MCU
    • BLE 5.0 with FCC Certification
    • 24 Breakout I/O Pins
      • Eight 14-bit ADC Pins
      • Eighteen 16-bit PWM Pins
      • Two Independent UART Ports
      • Three Peripheral I2C/SPI Buses
    • JTAG Programming PTH
  • Sensors:
    • 3-axis Accelerometer (LIS2DH12)
    • PDM Microphone (SPH0641LM4H-1)
    • Camera Connector (for the Himax HM01B0 Camera)
  • Qwiic Connector
    • On Primary I2C Bus

Himax HM01B0 Camera

Image Sensor

  • Ultra Low Power Image Sensor (ULPIS) designed for Always On vision devices and applications
  • High sensitivity 3.6μ BrightSenseTM pixel technology
  • 320 x 320 active pixel resolution with support for QVGA window, vertical flip and horizontal mirror readout
  • Programmable black level calibration target, frame size, frame rate, exposure, analog gain (up to 8x) and digital gain (up to 4x)
  • Automatic exposure and gain control loop with support for 50 / 60Hz flicker avoidance
  • Flexible 1bit, 4bit and 8bit video data interface with video frame and line sync
  • Motion Detection circuit with programmable ROI and detection threshold with digital output to serve as an interrupt
  • On-chip self oscillator
  • I2C 2-wire serial interface for register access
  • High CRA for low profile module design

Sensor Parameters

  • Active Pixel Array 320 x 320
  • Pixel Size 3.6 μm x 3.6 μm
  • Full Image Area 1152 μm x 1152 μm
  • Diagonal (Optical Format) 1.63 mm (1/11″)
  • Color Filter Array Monochrome and Bayer
  • Scan Mode: Progressive
  • Shutter Type: Electronic Rolling Shutter
  • Frame Rate MAX 51 fps @ 320 x 320, 60 fps @ 320 x 240 (QVGA)
  • CRA (maximum) 30℃

Sensor Specifications

  • Supply Voltage: Analog - 2.8 V, Digital - 1.5V (Internal LDO: 1.5V - 2.8V), I/O - 1.5 - 2.8V
  • Input Reference Clock: 3 - 50 MHz
  • Serial Interface (I2C): 2-wire, 400 KHz max.
  • Video Data Interface: 1b, 4b, 8b with frame / line SYNC
  • Output Clock Rate MAX: 50 MHz for 1bit, 12.5 MHz for 4bit, 6.25 MHz for 8bit
  • Est. Power Consumption (include IO with 5pF load):
    • QVGA 60FPS (Typical) <4 mW
    • QVGA 30FPS (Typical) <2 mW

在庫状況:営業所に在庫はございません。

マルツ全店でオンライン注文&店頭受取りサービスをご利用いただけます。

※掲載されている価格には消費税、各種手数料が含まれておりません。別途消費税およびお支払方法に応じた手数料が必要になります。

※このホームページに掲載されている、記事・写真の一部または全部をそのまま、または改変して利用・転載・転用することを禁じます。

※商品によって販売価格が店頭価格と異なる場合がございます。

※弊社ではお客様が商品を選びやすくするためにデータシートの提供や技術情報、商品画像の表示を行っています。
しかしさまざまな事情により、これらの情報がすべて正確であることを弊社が保証することはできません。
商品の正確な仕様等は各メーカーの最新のデータシートで確認して頂きますようお願いいたします。
また、商品画像につきましても、当アイテムとは異なるイメージ画像を表示している場合がございます。
ご注文の際はくれぐれもご注意願います。また、注文間違いの返品交換は応じかねますのであらかじめご了承下さい。

  • マルツの新提案 プロトファクトリー
  • マルツの新提案 プロトファクトリー
  • マルツの新提案 プロトファクトリー
DigiReelの説明
Page Top

【標準梱包形態】

標準の梱包は、Digi-Keyがメーカーから受け取る最小の梱包サイズです。 Digi-Keyの付加価値サービスにより、最小注文数は、メーカーの標準パッケージより少なくなっている場合があります。 梱包形態(リール、チューブ、トレイなど)は、製品を少量梱包に分割する際に変更される場合がありますので、ご了承ください。

【梱包形態】

テープ&リール

テープ&リールは、メーカーから受け取った未修正の連続テープのリールです。 リーダおよびトレーラとしてそれぞれ知られている最初と最後の空のテープの長さは、自動組立装置の使用を可能にします。 テープは、米電子工業会(EIA)規格に従いプラスチックリールに巻き取られます。 リールサイズ、ピッチ、数量、方向およびその他詳細情報は通常、部品のデータシートの終わりの部分に記載されています。 リールは、メーカーによって決定されたESD(静電気放電)およびMSL(湿度感度レベル)保護要件に従って梱包されます。

カットテープ

カットテープは、ご注文部品の数量を正確に含むリール(上記)から切断された長さのテープです。 カットテープにはリーダーやトレーラーが含まれていないため、多くの自動組立機械には適していません。 テープは、メーカーによって決定されたESD(静電気放電)およびMSL(湿度感度レベル)保護要件に従って梱包されます。

Digi-Reel®

Digi-Reel®はお客様のご要望の数量を連続テープでリールに巻いて販売するものです。Digi-ReelはEIA(米国電子工業会)規格に準拠し、テープには18インチ(約46cm)のリーダーとトレイラーを付けてプラスティックリールに巻いて販売いたします。Digi-Reelはお客様からご注文を頂いてから作成されますが、対応している製品のほとんどは当該製品の在庫から作成され即日出荷されます。在庫不足等の理由で出荷が遅れる場合は、お客様に別途ご連絡を致します。
リール1巻きについて「リーリング手数料」が加算され価格に含まれています。